ゴッホの『ひまわり』が初来日! 世界初「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が2020年開催

Art 2019.01.11 Text by 編集部

世界初となる「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」が2020年に開催されることが発表になりました。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

ロンドン・ナショナル・ギャラリーは、英国ロンドン中心部のトラファルガー広場に面した世界屈指の美術館です。王室の収集を母体とした多くのヨーロッパの美術館とは違い、1824年に国家制定法により設立された美術館であることに最大の特徴で、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ラファエロ、ティツィアーノ、ルーベンス、ファン・ダイク、ベラスケス、ターナー、モネ、セザンヌ、ゴッホなど、13世紀から20世紀初頭までのヨーロッパ絵画の様々な画派を網羅した約2,300点の作品を所蔵。年間の来場者数は世界の美術館・博物館でもトップ5に入る500万人超を誇ります。

 

Photo: Phil Sayer

 

所蔵作品の多くを常設展示している同館は作品の貸出に極めて厳しいことで知られ、これまで館外で所蔵作品展が開催されることは一度もありませんでした。このたび、日本初公開となるゴッホの傑作『ひまわり』をはじめ傑作約60点を一挙日本で公開することは、同館史上初の試みであり、歴史的な開催となります。

 

ゴッホの代表作として世界中で愛されている傑作『ひまわり』。彼は1888年から89年にかけて、南フランスのアルルで花瓶に生けたひまわりの絵を7点描きました。ロンドンのヴァージョンはそのうちの4点目にあたり、共同生活を送る予定だった畏友ポール・ゴーガンの寝室を飾る目的で描かれたもの。ゴーガンの寝室には2点のひまわりが飾られましたが、彼はロンドンのヴァージョンを最も好んでいたとされています。ひまわりの花は、ゴッホの夢であった共同生活に対する忠誠を象徴していたとも考えられます。本ヴァージョンは、多様なトーンと筆致で描き分けられた黄色の美しい調和が際立つ作品で、東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館(東京)所蔵の『ひまわり』も本作品を元に制作されています。

 

まさに歴史的な展覧会は東京・上野の国立西洋美術館で2020年3月3日(火)から6月14日(日)まで、大阪・国立国際美術館で2020年7月7日(火)から10月18日(日)まで開催されます。『ひまわり』以外に、どんな名作が日本にやってくるのか。楽しみですね!

 

 

■Link
https://artexhibition.jp/london2020/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US