フレッドペリー主催「サブカルチャーライブ」が11月1日に大阪店で開催

FashionMusic 2019.10.24 Text by 編集部

フレッドペリーの背景に広がるサブカルチャーをテーマにした音楽イベント「サブカルチャーライブ(SubcultureLive)」のインストア版が11月1日(金)にフレッドペリーショップ大阪で開催されます。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

8月のナカコー(中村弘二)に続く2019年第5回目となる今回の出演者は、Homecomings(ホームカミングス)のギター・ヴォーカル、畳野彩加。国内外多数のアーティストとの共演や3度に渡るフジロックへの出演など、精力的なバンド活動を行う彼女が、ソロでの貴重な弾き語りセットを展開します。

 

 

さらに、今年5月に多彩なゲストを招いて制作されたアルバム『Big fish』をリリースした上海出身のシンガー・ソングライター、王舟の参加も決定。この2組が、南堀江にあるフレッドペリーの路面店でレアなアコースティック・セットを展開します。入場無料。

 

 

サブカルチャーライブはフレッドペリーが2000年代中頃より展開する音楽ポータルサイト「サブカルチャー(Subculture)」のライブシリーズ。2007年に「サブソニック・ライブ」という名でスタート。ポール・ウェラーやザ・スペシャルズ、エイミー・ワインハウスといったレジェンドからザ・テンプルズ、ジャグワー・マといった新進気鋭のバンドまで多数が出演してきました。2014年にこのイベントの日本版が初上陸し、リトル・バーリー、東京スカパラダイスオーケストラ、OKAMOTO’Sらが出演。2015年はザ・シャーラタンズ、2016年にはフィーダーを招聘。2017年からはインストアイベントに軸足を移し、コミュニオンズ(from Copenhagen)、KID FRESINO、tofubeats、コスモ・パイク、プーマ・ブルー、SWINDLE、STUTS、JJJ、角館健吾、イエロー・デイズ、中村弘二と、国内外ジャンル問わず様々なミュージシャンがラインナップ。UKサブカルチャーとともに歩んできたブランドのバックグラウンドを感じさせる、ユニークな音楽イベントとして親しまれています。

 

■Link

https://www.fredperry.jp/subculturelive/

 

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US