アガサ・クリスティーの『ねじれた家』が映画化、4月公開

Film 2019.01.24 Text by 編集部

アガサ・クリスティー自身が最高傑作だと誇った1949年発表の『ねじれた家』が70年の時を経て、初映画化が実現しました。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

1920年のデビューから100年で20億冊もの売り上げを記録する、イングランド南西部デヴォン州出身の世紀のベストセラー作家アガサ・クリスティー。

 

彼女が自身の“最高傑作”だと誇った、1949年発表のミステリー小説『ねじれた家』が、70年の時を経て初映画化が実現しました。巨万の富を築いた大富豪が毒殺され、容疑をかけられた“心のねじれた”家族が巻き起こす、気品と謎に包まれた完全無欠の殺人ミステリーです。

 

監督は『サラの鍵』のジル・パケ=ブレネール、脚本は『ゴスフォード・パーク』でアカデミー賞脚本賞を受賞、大ヒットTVシリーズ『ダウントン・アビー』を手がけるジュリアン・フェロウズが担当しています。

 

ゴージャスでスキャンダラスな一族の女たちを演じるのは、『天才作家の妻 – 40年目の真実-』でゴールデン・グローブ賞主演女優賞(ドラマ部門)を受賞、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされたばかりの稀代の名女優グレン・クローズ、『X-ファイル』の知的な捜査官スカリー役で一躍有名になったジリアン・アンダーソン、『マッドメン』で多くの男性を魅了したクリスティーナ・ヘンドリックス。そして事件の真相を追う私立探偵役に『天才作家の妻 – 40年目の真実-』でクローズと2度目の共演を果たすマックス・アイアンズ、捜査を仕切る主任警部役に名優テレンス・スタンプが扮します。

 

ほかにも、映画の舞台となる英国式の荘厳な屋敷と庭園、華やかな英国上流階級の文化や生活を堪能できるクラシカルな衣装やインテリアなど、見どころ満載の極上ミステリーとなっています。

 

■Story

無一文から巨万の富を築き上げた大富豪レオニデスが毒殺された。私立探偵のチャールズは、レオニデスの孫娘で元恋人のソフィアから捜査を依頼される。広大な屋敷に到着すると、3世代にわたる一族が勢ぞろいし、巨額の遺産を巡って、疑惑と嫉妬、敵意と憎しみをぶつけ合っていた。愛人のいる若い後妻ブレンダ、映画製作の資金が欲しい長男夫妻、父から受け継いだ会社が倒産寸前の次男とその妻、亡き前妻の姉であり一族を取り仕切る大伯母イーディス。まもなくチャールズは、ソフィアを含め一族全員に殺害の動機があったことに気付く。真相に近づいたと思われたその時、第二の殺人が起きる?。

 

■Film info
『ふたりの女王 メアリーとエリザベス』

監督 : ジル・パケ=ブレネール
原作 : アガサ・クリスティー著 / 田村隆一訳『ねじれた家』(ハヤカワ文庫刊)
脚本 : ジュリアン・フェロウズ / ジル・パケ=ブレネール / ティム・ローズ・プライス
出演 : グレン・クローズ、テレンス・スタンプ、マックス・アイアンズ、ステファニー・マティーニ、ジリアン・アンダーソン、クリスティーナ・ヘンドリックスほか
2017年 / イギリス / 英語 / 原題 : ねじれた家
配給 : KADOKAWA
公開 : 4月19日より角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
© 2017 Crooked House Productions Ltd.

 

■Link
negire-movie.jp

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US