映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』イベントレポート

EventFilmMusic 2020.09.26 Text by 編集部

9月25日(金)に公開され、早くも反響を呼んでいる映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の生配信トークイベントが開催。リアムの魅力を熱く語ったイベントをレポート!

Sponsered Link


Sponsered Link

2009年に解散した伝説のバンド、オアシスの元フロントマン、リアム・ギャラガーに迫るドキュメンタリー映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』。本作の公開を記念して、生配信トークイベント番組が9月23日(水)に開催されたました。登壇したのはBase Ball Bearの小出祐介と音楽・映画パーソナリティの奥浜レイラ。オアシスとの出会いに始まり、好きな楽曲や本作の魅力について、余すことなく1時間以上、熱く語り尽くしました。

 

 

20年来のオアシスファンを公言する小出祐介。オアシスのベストソングを問われると、迷いながらも3rdアルバムの『ビィ・ヒア・ナウ』から「スタンド・バイ・ミー」と回答していました。小出のオアシスとの出会いは中学2年生の時。『ビィ・ヒア・ナウ』がリリースされた直後のタイミングで、洋楽好きの友人からこのアルバムを借りて知ったとのこと。それまではハード・ロックをよく聴き、ギターでは速弾きの練習ばかりしていた小出。「まずオアシスはギターソロのテンポが遅いので、コピーできるかもと思ったんです」と、懐かしい思い出を振り返りました。

 

 

本作は、オアシス解散からソロデビューで復活するまで、約10年間のリアム・ギャラガーの姿を描写。破天荒なイメージが先行するリアムですが、本作ではどのような姿が切り取られているのでしょうか。「ストイックな人になっていることに驚きました。今まではずっと酔っ払っているイメージがあったんですが、はっきり挫折を経験して、そこからもう一度這い上がろうという気持ちになったんだなって。人間味溢れるリアムの姿にびっくりしました」と、小出はリアムに対する印象が一転した様子。奥浜も同意しながら「とはいえ、人間的に丸くなったとか、つまんなくなったとかではなくて、私たちはリアムの真意を知っただけで、おもしろいシーンはたくさん見られる」と返しました。

 

 

イベント中盤には本作の印象に残っているシーンを紹介する場面も。小出が挙げたのは、リアムが「自分だったらダウンロードするよ」と、完成した自身の曲に高揚するシーン。「めっちゃ音楽好きじゃん! リアム!! って思いました。こういう印象はあまりなかったので、こんなリアムの表情を見られたことがなんだかうれしかったですね。同じミュージシャンとしても共感します」と語りました。

 

 

また小出は、リアムがお酒を飲まずにずっとミネラルウォーターを飲んでいたり、早朝ジョギングをしている姿も印象的だったとも。「人ってこんなに変わるの? 以前と180度違う生活をしていて驚きました。でもこういうことをしているから、今の喉やステージの体力が保てているんだなって。そこも含めてリアムは次のフェーズ、円熟に向かっている気がする」。体調管理について自身のことを聞かれると、「喉は一番気にします。喉がダメだとメンタルにくるんです。声とメンタルは密接に関係している。いい声を出すならメンタルもいい状態に保っていないといけない。映画の中のリアムはそういう意味でもメンタルがしっかりしていると感じた」と経験を交えながら話しました。

 

 

さらにリアムが変化した部分として、小出は、歌詞にあると指摘。「リアムがこんなにもリリシストだとは思いませんでした。オアシス時代はリアムもノエルも歌詞をあまり気にしていないと語っているのをよく目にしたのですが、リアムのソロデビュー以降は歌詞が良い。不器用だと思っちゃうくらい、むき出しなんです。曲が良い上に歌詞も良いから新たしいファンを獲得しているのでは」と今なお音楽シーンの最前線を走るリアムの魅力を伝えてくれました。

 

 

リアムの新たな魅力に気付かされる『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』。なお、本トークイベントの映像は約1か月の限定公開中です。

 

 

■Film info
『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』

 

監督 : ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
出演 : リアム・ギャラガー、ボーンヘッド、ノエル・ギャラガー、ポール・ギャラガー、クリス・マーティンほか
2019年 / イギリス映画 / 英語 / 原題 : LIAM GALLAGHER: AS IT WAS
公開日 : 9月25日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
配給 : ポニーキャニオン
©2019 WARNER MUSIC UK LIMITED/span>

 

■Link
https://asitwas.jp/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US