ブリティッシュ・エアウェイズ100周年を記念してBrewDogがビールを醸造

FoodTravel 2019.04.29 Text by 編集部

2019年に創設100周年を迎えたブリティッシュ・エアウェイズで5月1日から、BrewDogが機内で醸造したビールが提供されます。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

ブリティッシュ・エアウェイズの機内で提供されるビールと言えば、ハイネケンとタイガービールですが、新しいビールが仲間入り。今や世界的人気となったスコットランドのクラフトビールメーカー、BrewDogがなんと機内で醸造したビールを5月1日から楽しめるようになります。

 

 

スコットランドの北を高度4万フィート、時速500マイル(約804キロ)で飛行中のボーイング787型機で工程を開始したもので、機内での味覚の鈍化に合わせて醸造。ブリティッシュ・エアウェイズ機が管制とやり取りする際のコールサイン「スピードバード」の名前を付けた「スピードバード100」として機内及び一部のラウンジで提供されます。

 

果たして、このインディア・ペールエールはどんなお味がするのか!? さっそく今週のフライトでレポートしてみたいと思います!

 

■Link
https://www.britishairways.com/

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US