トム・ヨークが待望の新作を10月26日にリリース!

MovieMusic 2018.09.05 Text by 編集部

伝説的傑作ホラー『サスペリア(原題)』リメイク版の音楽を手がけたトム・ヨークが待望の新作『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』を10月26日にリリースします。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

巨匠ダリオ・アルジェント監督の傑作ホラーを、『君の名前で僕を呼んで』で注目を集めるルカ・グァダニーノがリメイクし、レディオヘッドのトム・ヨークが音楽を手がけることもすでに大きな話題となっている名作『サスペリア(原題)』。

 

これまでに公開された予告編、そしてトム・ヨークが自身のSNSで公開した約20秒のショートクリップに続き、トム・ヨークによるアルバム『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』のリリースが公式発表されました。

 

トム・ヨークが書き下ろした25もの楽曲を収録した本作には、インストゥルメンタル曲だけでなく、「Unmade」「Has Ended」、そして今回1stシングルとして公開された「Suspirium」といったトム・ヨークのヴォーカルがフィーチャーされた楽曲も含まれます。

 

 

ホラー映画のための音楽制作は、トムに新たな挑戦と機会をもたらし、『サスペリア』は彼の今までのどのような作品とも一線を画すものに。ピアノ / ヴォーカルのバラード、1977年のベルリンという映画の設定にインスピレーションを受けたクラウト・ロック風なモジュラーシンセ曲、多層からなるヴォーカル、そして、恐怖、憧れ、哀愁を伝えるメロディーが合わさり、混沌的かつまとまりのある音楽の呪文が生まれました。

 

本作ではトム・ヨークが作曲とアレンジを担当し、レコーディングとプロデュースは、トム・ヨークとサム・ペッツ・デイビーズが行ないました。さらにアルバムには、ロンドン・コンテンポラリー・オーケストラと聖歌隊をフィーチャー。またトムの息子であるノア・ヨークが「Has Ended」と「Volk」でドラムを、パーシャ・マンスロブが「Suspirium」でソロフルートを演奏しています。

 

トム・ヨークによる最新作『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』は10月26日(金)に世界同時リリース。国内盤は2枚組CDで、高音質で楽しめるUHQCD(Ultimate High Quality CD)仕様となり、歌詞対訳と解説書が封入されます。

 

また、数量限定でオリジナルTシャツとのセット販売も決定。またiTunes Storeでアルバムを予約すると、公開された「Suspiria」がいち早くダウンロードできます。

 

トムの音楽が映像に何をもたらすのか。映画も気になりますね!

 

■Disk info

 

 

トム・ヨーク
『Suspiria (Music for the Luca Guadagnino Film)』
BEAT RECORDS
10.26 on Sale

 

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US