是枝裕和×ケン・ローチの対談番組の拡大版放送決定!

Movie 2019.10.25 Text by 編集部

9月に放送されたNHK『クローズアップ現代+』での是枝裕和とケン・ローチの両監督による対談がSNSや口コミで大反響を呼び、拡大版の放送が決定しました。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

12月13日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開されるケン・ローチ監督最新作『家族を想うとき』。日本でもヒットを記録した『わたしは、ダニエル・ブレイク』を最後に映画界からの引退を表明していたケン・ローチ監督ですが、引退宣言を撤回してまで描きたかったのはグローバル経済が加速する中で変わっていく人々の働き方と、時代の波に翻弄される「現代の家族の姿」。個人事業主とは名ばかりで、理不尽なシステムによる過酷な労働条件に振り回されながら、家族のために働き続ける父。そんな父を少しでも支えようと互いを思いやり懸命に生き抜く母と子供たち。日本でも日々取り上げられている労働問題と重なり、観る者は現代社会が失いつつある家族の美しくも力強い絆に、激しく胸を揺さぶられるはずです。

 

 

カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュが主演し、全編パリで撮影した最新作『真実』で話題を呼んでいる是枝裕和監督は10月11日に放送されたTBSラジオ『荻上チキ・Session-22』に出演し、番組冒頭で先日のNHK『クローズアップ現代+』でケン・ローチ監督と対談した時のことを話題にしました。役者に台本を渡さない撮影技法は「ローチ監督の踏襲」であることや、「ローチ監督がエキストラの名前を確認し、名前を呼んで指示を出す姿勢から、一人ひとりと向き合い、人間関係をつくりながら映画を撮る人柄に感動した」など、師と仰ぐローチ監督への尊敬の思いを語っていました。

 

 

ふたりの対談を取り上げた9月17日(火)放送のNHK『クローズアップ現代+』は、「短い放送ながらも充分に人に訴え揺さぶる力がある対談だった。」「イギリス映画だけど、日本でも起こっていること」「電車の中なのに何度も泣いてしまいそうになった」などSNSや口コミで大きな反響を呼び、異例の再放送に。さらに、対談の未公開のシーンを含めた“拡大版”として、10月26日(土)夜10時からNHK『BS1スペシャル』で、【是枝裕和×ケン・ローチ 映画と社会を語る】が放送されます。

 

 

最新作『家族を想うとき』に込めたメッセージや、不寛容な社会で映画は何ができるのかをテーマに熱く語るふたり。『わたしは、ダニエル・ブレイク』や『万引き家族』などをはじめ貧困や差別に苦しむ人々など社会の見えざる一面を描いてきたローチ監督と是枝監督。最新作の未公開映像を交えながら、映画を通して今を生きるヒントを探ります。ナレーションは『万引き家族』で世界を魅了した安藤サクラが担当します。

 

 

British Culture in Japanでは、そんな注目を集める『家族を想うとき』の一般試写会(渋谷ユーロライブにて11月28日19時開映)に5組10名様をご招待!

 

応募方法は以下の通りとなります。

 

1. British Culture in JapanのTwitterアカウントをフォロー⇒ https://twitter.com/britculturejp

 

2. 以下のアンダーラインの文言をコピペしてご自身のTwitterアカウントでツイート。

 

12月13日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開される、ケン・ローチ監督の映画『家族を想うとき』の一般試写会に応募しました https://bcij.jp/ctg/movie/4572.html #Kazoku_BCIJ

 

以上で応募完了です。締め切りは11月13日(水)23時59分。当選者の方にはDMでお知らせいたします。

 

 

■Film info
『家族を想うとき』

監督 : ケン・ローチ
出演 : クリス・ヒッチェンズ、デビー・ハニーウッド、リス・ストーン、ケイティ・プロクターほか

2019年 / イギリス・フランス・ベルギー映画 / 英語 / 原題 : Sorry We Missed You
配給 : ロングライド
12月13日(金) ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開
© Sixteen SWMY Limited, Why Not Productions, Les Films du Fleuve, British Broadcasting Corporation, France 2 Cinéma and The British Film Institute 2019
photo: Joss Barratt, Sixteen Films 2019

 

■Link
https://longride.jp/

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US