アンダーワールドとイギー・ポップがコラボEPをリリース!

Music 2018.06.22 Text by 編集部

世界屈指のダンス・アクト、アンダーワールドとロック界のレジェンド、イギー・ポップがコラボEPを7月27日にリリース!

Sponsered Link


Sponsered Link

昨年公開の映画『T2トレインスポッティング』。その映画音楽を担当したアンダーワールドのリック・スミスは、制作中、ともにオリジナルの『トレインスポッティング』に楽曲を提供したイギー・ポップとロンドンでミーティングを行ない、新作映画のためのコラボレーションの可能性を話し合ったそうです。

 

「イギーは快く「会って何か話そう」と応じてくれた。僕らはともにトレインスポッティングとダニー(・ボイル)に強い絆を抱いていたからね。この紳士を説得して一緒に仕事をする一度きりのチャンスだろうと思った。だからホテルの部屋を貸し切って、スタジオを用意して彼が現れるのを待ったんだ」リック・スミス(アンダーワールド)

 

イギー・ポップの「ラスト・フォー・ライフ」で幕を開け、アンダーワールドの「ボーン・スリッピー(ナックス)」で幕を閉じる96年公開の『トレインスポッティング』。完璧なオープニングと完璧なエンディングを持った映画は、青春映画の最高傑作として本国イギリスを中心とするヨーロッパはもちろん、アメリカ、日本でも異例の大ヒットを記録。ユアン・マクレガーやロバート・カーライルといったスター俳優を生んだ一方、イギ-・ポップ、ブライアン・イーノ、プライマル・スクリーム、ニュー・オーダー、ブラー、ルー・リード、レフトフィールド、デーモン・アルバーン、そしてアンダーワールドといった当時の先鋭的ポップ・シーンを代表するアーティストが名を連ねたサウンドトラックも大きな話題となりました。

 

それから実に22年。リック・スミスのもとに現れたイギー・ポップは、完璧にセッティングされたスタジオを目にし、すぐにでも制作に取り掛かろうという情熱に駆られたそうです。

 

「ホテルの部屋に完璧なスタジオを持った誰かと会って、Skypeにはアカデミー賞監督がいて、目の前にはマイクと30もの洗練された楽曲があったら、うなずくだけでびびってられないだろ。一瞬で血が沸き立ったよ」(イギー・ポップ)

 

このEP「ティータイム・ダブ・エンカウンターズ」は、アンダーワールドが『バーバラ・バーバラ・ウィ・フェイス・ア・シャイニング・フューチャー』を、イギー・ポップが『ポスト・ポップ・ディプレッション』を2016年3月16日に同時にリリースした数週間後に、ホテルの部屋で秘密裏に行われた数回のセッションの末に誕生しました。

 

これは過去に対するトリビュート的なものではなく、今もなお第一線で活躍し、持っているすべてを目の前の作品に捧げ、ひらめきこそが創造を生むという信念を持ったアーティストたちが作り上げた、最高に刺激的で躍動に満ちた作品となっています。

 

先行曲である「ベルズ&サークルズ」は、BBC Music主催イヴェント「Biggest Weekend 2018」でアンダーワールドがヘッドライナーとしてパフォーマンスした際に初披露されました。

 

 

 

そしてEPリリースの発表と合わせて、新曲「アイル・シー・ビッグ」も解禁に。「ベルズ&サークルズ」とはある意味真逆の魅力を持った楽曲で、壮大なアンビエント・トラックの上で、イギー・ポップは語りかけます。

 

その歌詞は、ダニー・ボイルとの会話の中で、『トレインスポッティング』と『T2トレインスポッティング』の背景にインスパイアされて書かれたものだそう。

 

今では俺も多少は年を食い、俺がいなくなった時に俺のことを思ってくれる友達について考え始めてるひとりかふたりは笑顔を浮かべ、俺との楽しい思い出にひたってくれるだろう奴がいる

 

■Disc info
Underworld & Iggy Pop

「Teatime Dub Encounters」
BEAT RECORDS
7.27 on Sale

 

■Link

https://www.beatink.com/products/detail.php?product_id=9742

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US