デヴィッド・ボウイを題材にした現代浮世絵が大英博物館に所蔵

ArtFilm 2018.10.24 Text by

デヴィッド・ボウイを題材にした浮世絵作品、出火吐暴威変化競(デヴィッドボウイへんげきょう)「竹沢藤次(たけざわとうじ)」と「鬼童丸(きどうまる)」の2作品が大英博物館に所蔵されました。

Sponsered Link


Sponsered Link

本作品は、UKIYO-EPROJECTのシリーズ第3弾で、2018年6月23日から限定数発売されている作品。世界的に著名なロンドン出身の写真家テリー・オニールによる『ダイアモンド・ドッグズ』プロモーション撮影時の写真(74年)と、イギリス人の写真家ブライアン・ダフィが撮影したデヴィッド・ボウイのアルバム『アラジン・セイン』(73年発表)のジャケット写真撮影時に撮った1枚をモチーフに、絵師、彫師、摺師により半年かけて制作されました。

 

大英博物館は、世界最大級の国立博物館として知られ、古今東西の美術品や書籍など約800万点もの収蔵品を誇る博物館。日本セクションでは江戸時代を中心とした浮世絵作品を数多く所蔵しており、13年には春画展を、17年には「Beyond the Great Wave」の英名で浮世絵師・葛飾北斎の特別展を実施しており、いずれも大盛況をおさめています。

 

ロンドンに行かれた際はぜひご覧ください!

 

<出火吐暴威変化競「竹沢藤次」>
テリー・オニール「ダイアモンド・ドッグズ」より

 

 

 

二代目竹沢藤次は江戸時代、様々な演出やからくりで大人気の曲芸師でした。エンターテイナーとして、ある意味イリュージョニストであったボウイとは親和性が高いといえるでしょう。本図は「ダイアモンド・ドッグズ」に映る躍動的な犬を狐に見立て、九尾(きゅうび)の狐の伝説を題材とした演目で、曲独楽(きょくごま)の芸を披露する藤次を演じるボウイを描いています。

 

絵師 : 石川真澄 / 彫師 : 関岡裕介(三代目関岡扇令) / 摺師 : 伊藤達也
価格 : 108,000円(税込) / サイズ : 480mm×340mm

 

<出火吐暴威変化競「鬼童丸」>
ブライアン・ダフィ『アラジン・セイン』より

 

 

 

浮世絵の題材でしばしば用いられる鬼童丸は、鎌倉時代の説話集「古今著聞集」(ここんちょもんじゅう)や曲亭馬琴(きょくてい ばきん)の「四天王剿盗異録」(してんのうしょうとういろく)などに登場する妖術使い。本図は、大蛇を操る荒々しい鬼童丸と、繊細で神秘的な魅力を放つボウイのイメージを掛け合わせて表現しています。

 

絵師 : 石川真澄 / 彫師 : 佐藤奈美 / 摺師 : 中山誠人
価格 : 108,000円(税込) / サイズ : 480mm×340mm

 

■Link
http://www.ukiyoeproject.com

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US