グラスゴーで目撃したカラーコーンをかぶった銅像

こんにちは! Britty Womanというイギリス大好きブログを運営しています、Yukinoと申します。今回は、スコットランド・グラスゴーの非常に個性的なエピソードを紹介します。

Sponsered Link

Sponsered Link

街のランドマークにまつわる、クレイジーだけど、ちょっと胸が熱くなるようなお話。心から愛する街について語れて、うれしいです。

グラスゴーが誇るランドマークのひとつ、ウェリントン公爵騎馬像。

下から見上げるとひっくり返りそうなくらいに大きくて、威厳があって美しい銅像ですが、もはやこの状態では、違和感がある人さえいると思います。

なぜなら、今のお姿がこうだから。

カラーコーン被ってます。

道路や工事現場や運動会で大活躍の、あのカラーコーン。英語で(traffic)cone。

私が初めて見たときは2015年で、すでにこの状態でした。街を散策中にたまたま遭遇。何も知らずに見た私は、ただただおかしくて、ニヤニヤしながら写真を撮りました。一見ただのいたずらのようだけど、こういう作品なのか、とも思える妙なしっくり感。場所も場所で、Gallery of Modern Artのエントランス前に堂々と建っているので。笑っちゃうんだけど、めちゃくちゃかっこいい、この銅像。気になる。

その当日、ローカルの友人に会ったときに、例の銅像の写真を見せながら「さっきおもしろいもの見たんだけど、これどういうこと?」と尋ねてみると、はち切れんばかりの笑顔で答えてくれました。「コーンを撤去しても撤去しても、いつの間にか誰かが被せてるんだよ。撤去した翌朝にはもうコーンを被ってて、数日後に撤去するけど、その翌朝にはまた被ってる」って、もうそんなの冗談でしょ! と思いながら聞いていたんですけど、事実なんですね~これが。

初めてカラーコーンが目撃されたのは、なんと1980年代とのこと。元祖は誰だったのか、そしてその目的は何だったのかは未だに謎のままですが、被せては撤去され、被せては撤去され……これを35年以上も繰り返してきたんですね。本気が感じられますね。そして、これは悪ふざけという領域を飛び越えて、「伝統」と呼ばれるようになりました。

とは言え、撤去費用には毎回100ポンドがかかり、自治体関係者はもう我慢ならん! という態勢で、2013年に(誰も登れないように)像の土台をさらに高くする案を発表しました。愛おしさすら感じる単純な策。そんなことで防げるなんて、本気で思ったんだろうか。なんなら挑発しているようにすら感じられる。自治体も実はおもしろがっていたのかな、なんて思ったり。

友人が言うには、この案に対する地元民の意見は二通りに分かれたそうです。カラーコーンの伝統を守るべきだと言う反対派と、勝手にやってくれと言う我関せず派。

結果的に、自治体は土台を上げる案を取り下げます。

まずは、カラーコーンを守るべく「Keep the Cone」というキャンペーンのFacebookページが立ち上がりました。カラーコーンの存在は街の個性を表わすシンボルだ、みんなを笑顔にしてくれる、被せておけば撤去費用や工事費用などかからなくて済む、というような意見に賛同する人は多かったようです。なお、このページは今もアクティブで、グラスゴーに関する情報発信をしてくれています。合言葉は「Keep it coney」。

そして決め手となったのは、Change.org(オンライン署名サイト)上でのキャンペーンです。自治体に向けて「Save Wellington’s Cone」キャンペーンを開始すると、24時間以内に10,000を超える署名が世界中から集まったそうです。これでコーンは無事守られた、ということです。

初めてカラーコーンを被せたのは、酔っ払い学生のいたずらだと言われていますが、それが40年近くも根気よく続いてきた、この熱と大胆不敵なかんじは、さすがスコットランド!というかんじがします。やがて伝統として受け継がれ、愛され、今では正式にランドマークとして存在している。グッズにもなっちゃってるからね。署名が集まったにせよ、あっさりと(?)受け入れる自治体も良い。明らかにイリーガルなことだって、カラーコーンを被せた経験者も言っていたようだけど。寛大なお人柄は、ここにも出るのか、と。本当に、あっけらかんとしているというか、寛容というか。ただし、サッカー以外のことに限る。

何より、面白いことが大好きで、人の温かい部分を大切にする、スコットランドのお国柄が表れていると思いました。信じられないぐらいにfunnyでlovelyな、グラスゴーのお話でした。カラーコーンの存在が街のシンボルであるという意味が、日本人の私にも、よ~くわかる気がします。

かっこよくて、謎めいていて、さらにはみんなを笑顔にさせてくれる、カラーコーンを被ったウェリントン公爵騎馬像。モテ要素全開と言ったところでしょうか。見つけたときにはぜひ、#KeepItConeyで写真をシェアしましょう♪

Share
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Mail

Sponsered Link

Sponsered Link

Recommends
合わせて読みたい

Sponsered Link

Sponsered Link