展覧会『バンクシー ビフォーアフター』が開催

ArtMusic 2020.01.31 Text by 編集部

2月1日(土)より、Bunkamura Galleryにて展覧会『ストリートアートの40年 バンクシー ビフォーアフター』が開催されます。

Sponsered Link


Sponsered Link

街角の壁にスプレーとステンシルで描き作品を発信するグラフィティアーティストたち。そのゲリラ的なパフォーマンスは時に批判を受けながらも、現代社会に鋭いメッセージを投げかけます。それは単なる落書きという概念を超え、その行為そのものが彼らと私たちの距離を縮め共感へと導き、私たちの心を捉え続けています。今やグラフィティアーティストの代表格ともいえるバンクシー。その活躍の場はストリートに留まらず、ひとたびオークション会場でハプニングが巻き起これば、ニュースで取り上げられるほど世界中が注目するアーティストとなりました。そしてその作品価格の高騰が裏付ける様に、彼らは現代のアートシーンにも多大な影響を及ぼしています。

 

本展では、バンクシーをはじめとするカウズ、D*Faceらといった最も旬なグラフィティアーティストをはじめ、レッド・ツェッペリンやセックス・ピストルズなど、ロック、パンクを代表するアートワーク作品も併せて展覧販売。ストリートから飛び出したグラフィティ・ワールドが楽しめる展示内容となっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■展示作家
・BANKSY
・INVADER
・STIK
・SHEPARD FAIREY
・D*FACE
・DOLK
・JAMIE REID
・NICK WALKER
・KAWS
・FUTURA
・MR. BRAINWASH
ほか多数

 

■Exhibition info

ストリートアートの40年 バンクシー ビフォーアフター

 

 

場所 : Bunkamura Gallery
会期 : 2月1日(土)~2月12日(水)10:00~19:30
入場料 : 無料

 

■Link

https://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/200201graffiti.html

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US