バンクシーの半生を描く評伝の邦訳が出版に

ArtBook 2020.06.02 Text by 編集部

緻密な取材が人物像を浮き彫りにする世界でも貴重なルポルタージュとして話題となった、バンクシーの半生を描く待望の評伝『バンクシー 壁に隠れた男の正体』が本日6月2日に発売となりました。

Sponsered Link


Sponsered Link

グラフィティアーティストとしてその名を馳せ、唯一無二の存在となった神出鬼没の現代アーティスト、バンクシー。新型コロナウィルス感染症の流行による未曾有の事態にも即座に対応した新作の発表など、常に世界中の注目を集め続けています。「風船と少女」や、マスクをして火炎瓶ではなく花束を投げる男の作品、ベツレヘムでの活動、サザビーズのシュレッダー事件など、その影響はアート界にとどまらず、世界中のあらゆる層の人々に及んでいます。アート界をひっくり返し、地球上で最も有名なひとりになりながら、壁に隠れたままのバンクシーとはいったい何者なのか? イギリスの新聞記者が緻密な取材で追った評伝である本書では、彼の軌跡をたどることで、ひとりの少年がどのように匿名のまま世界的なアーティストになっていったのか、その実像に迫っていきます。世の中の常識を軽やかにひっくり返す覆面芸術家であるバンクシーの、故郷のこと、お金のこと、協力者のことなど、今まで不明瞭であった彼の背景も見えてくるはずです。

 

■Contents

 

1. 侵入するアート
2. かつてブリストルで
3. グラフィティを読み解く
4. スタイルの発見
5. バンクシーツアーへ出版
6. 匿名の幸せ
7. アーティスト兼オーガナイザー
8. ならず者、故郷へ帰る
9. チーム・バンクシーへようこそ
10. バンクシーをめぐるビジネス
11. フェイク
12. 壁を買いたい人はいますか?
13. 「ペスト・コントロール」は、いかにして“害虫”を駆除したのか
14. ボンジュール、ミスター・ブレインウォッシュ
15. 理論なきアート

 

■Book info
『バンクシー 壁に隠れた男の正体』

 

著者 : ウィル・エルスワース=ジョーンズ
出版社 : パルコ出版
定価 : 2,000円(税別)
仕様 : 四六版・並製
ページ数 : 496ページ

 

■Link
https://publishing.parco.jp/books/detail/?id=284

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US