京都でのデヴィッド・ボウイの姿を捉えた写真展が開催

ArtMusic 2021.01.29 Text by 編集部

京都をこよなく愛したデヴィッド・ボウイ。その京都での姿と、現在の京都を撮りおろした作品で構成する鋤田正義の写真展『時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展』が京都駅ビル内の美術館「えき」KYOTOで開催されます。

Sponsered Link

Sponsered Link

1972年、ロック・ミュージシャンのT-REXを撮影に行ったロンドンで、鋤田正義はデヴィッド・ボウイと出会います。ふたりの関係はボウイがこの世を去るまで約40数年間に及びました。

 

中でも1980年にボウイと過ごした京都でのプライヴェートな1日は今も強烈に鋤田の心に残っているそうです。

 

鋤田は過去の時間を整理し再び心に刻むため、ボウイが愛した京都を撮り始めました。本展覧会は、京都で過ごす当時のボウイの姿と現在の京都を撮りおろした作品で構成されています。

 

■Profile
鋤田正義(すきた・まさよし)

 

「時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」展示写真

©Mark Higashino

 

1938年、福岡県直方市生まれ。日本写真専門学校卒業後、棚橋紫水に師事。広告・音楽・映画などの多様な仕事で知られている。代表的な写真集にデヴィッド・ボウイ『氣』『Speed of Life』、『T-REX 1972』、『YMO×SUKITA』、忌野清志郎『Saul』などがある。

 

デヴィッド・ボウイのアルバム『ヒーローズ』のジャケットをはじめ、数多くの国内外ミュージシャンを撮影している。近年ではデヴィッド・ボウイ写真展をイギリス、フランス、イタリア、ドイツ、アメリカ、オーストラリアなどで開催。2021年4月、『BOWIE×KYOTO×SUKITA』を発刊予定。

 

■Exhibition info
時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展

 

「時間~TIME BOWIE×KYOTO×SUKITA 鋤田正義写真展」展示写真

©Sukita

 

会場 : 「えき」KYOTO(京都駅ビル内)
会期 : 4月3日(土)~5月5日(水・祝)
開館時間 : 10:00~19:30(入館締切:閉館30分前)
入館料 : 一般900円(700円)、高・大学生700円(500円)、小・中学生500円(300円)※かっこ内は前売料金。
プロデュース : 立川直樹

 

■Link

https://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US