70〜80年代のロンドンでポール・ウェラー、モリッシー、デヴィッド・ボウイらを撮影したトシ矢嶋の写真展が開催

BookEventMusic 2019.06.17 Text by 編集部

70~80年代のロンドンで伝説級ミュージシャンを多く撮影した写真家・トシ矢嶋の初となる作品集『LONDON RHAPSODY』の発売を記念して、写真展とトークショーが開催に。

Sponsered Link


Sponsered Link

 

トシ矢嶋は、加藤和彦の後押しで75年に渡英。00年代初頭までロンドンに滞在した写真家。70年代中期から80年代初頭、激動のUKミュージック・シーンに身を投じ、パンク、ニュー・ウェイヴ、スカ、レゲエ、プログレ、ハードロックなど、さまざまなジャンルのミュージシャンをフィルムに収めてきました。

 

 

寒い雪の日、まだ20歳ぐらいの若いU2。

 

被写体はポール・マッカートニー、ボブ・マーリィ、エリック・クラプトン、ポール・ウェラーといった伝説のミュージシャンばかり。ライヴ・ステージのみならず、時には自宅などのパーソナルな空間へ足を運び、シャッターを切ることを許された稀有な日本人カメラマンとして広く活躍。帰国後は小山田圭吾が主宰するトラットリア・レーベル内にトシ矢嶋がプロデュースするMO’MUSICが設立され、コーデュロイやタルボット&ホワイトなどの作品がリリースされました。

 

ロンドン地下鉄の禁煙サインボードでポーズをとるボブ・マーリィ。

 

粋なブリティッシュ・ダンディ、ブライアン・フェリー(ロキシー・ミュージック)。

 

そんなトシ矢嶋がおもに70年代中期から80年代初頭にかけて撮影した作品群を一挙に紹介するのが本書『LONDON RHAPSODY』。そこに収められた100を超える作品から、当時の麗しきロンドンの風景や、撮影時の仰天エピソードなども織り交ぜながら、トシ矢嶋がたどった“ロンドン・ラプソディー”を追体験できる写真集となっています。発売前の6月29日(土)から8月9日(金)の期間で、東京・青山CAYにて写真展も開催。初日の6月29日(土)と30日(日)にはトシ矢嶋ゆかりの人物とのトーク・ショーが行なわれ、29日(土)には小山田圭吾(コーネリアス)、30日(日)は高橋幸宏が登場します。

 

クイーン全盛期のライヴ・ショット。

 

ロンドンでのストレイ・キャッツ。

 

クリスマス・シーズンのリバティ。

 

■Event info
トシ矢嶋写真展『LONDON RHAPSODY』

会期 : 6月29日(土)〜8月9日(金)
会場 : Restaurant Bar CAY

 

トークショー① 小山田圭吾 × トシ矢嶋
日時 : 6月29日(土)open 19:00 start 20:00
料金 : 2,000円(要ワンオーダー)
席種 : 着席または立見

 

トークショー② 高橋幸宏 × トシ矢嶋
日時 : 6月30日(日)open 18:00 start 19:00
料金 : 2,000円(要ワンオーダー)
席種 : 着席または立見

 

予約方法(メール予約)
件名を『6/29 TALK』もしくは『6/30 TALK』とし、本文に「名前(フリガナ)/人数/連絡先」を記入したメールをcayyoyaku@spiral.co.jpまで送信。折り返し、予約確認のメールがあります。席は全自由席、先着順での入場となります。

 

問い合わせ先
CAY 03-3498-7840(平日12:00~20:00)
※メール予約ができない方はこちらから問い合わせください。

 

■Book info
『LONDON RHAPSODY』

 

 

著者 : トシ矢嶋
出版社 : リットーミュージック
価格 : 3,800円+税
判型 : 特殊判型
ページ数 : 204ページ

 

■Contents

●LONDON RHAPSODY(写真コーナー)

 

●RHAPSODY with Music Lovers
・ポール・マッカートニーの光と影
・ジェフ・ベックのホット・ロッドな田園生活
・ジョニー・ロットンにツバをかけられた!
・忘れられない76年のパンク・フェスティバル
・ザ・クラッシュがあの名盤を生んだ瞬間
・マイ・ブラザー、ボブ・マーリー
・ポール・ウェラーのファッション談義
・オフィスの床に寝ていた”迷い猫たち(Stray Cats)”
・オジー・オズボーンのビル・ワード髭焼き事件
・リッチー・ブラックモアのサイキック・リサーチ
・エリック・クラプトンが真にリラックスした瞬間
・シャーデーとの甘美なひと時
・イギー・ポップの雄弁なる日本食トーク
・ロバート・フリップが放った沈黙の空気
・イエスで著名な幻想画家、ロジャー・ディーンの仕事場

 

●特別対談 トシ矢嶋 × 小山田圭吾

 

●コラム
・すべては加藤和彦さんから始まった
・WORK トシ矢嶋の仕事
・SOUNDTRACK 本書を見ながら聴いてほしい15枚

 

・登場するミュージシャン
ポール・マッカートニー / ミック・ジャガー / キース・リチャーズ / ロン・ウッド / クイーン / ボブ・マーリィ / エリック・クラプトン / エルヴィス・コステロ / デヴィッド・ボウイ / セックス・ピストルズ / ザ・クラッシュ / ザ・ジャム / ポール・ウェラー / ザ・ポリス / U2 / ザ・スペシャルズ / マッドネス / ロリー・ギャラガー / ブライアン・フェリー / ブライアン・セッツァー(ストレイ・キャッツ) / モリッシー / トレイシー・ソーン / シャーデー / ボーイ・ジョージ / デヴィッド・バーン(トーキング・ヘッズ) / ジャパン / リッチー・ブラックモア / ブラック・サバス / イギー・ポップ / ロバート・フリップ(キング・クリムゾン) / スティーヴ・ハケット(ジェネシス) / 加藤和彦 / YMOほか

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US