ラフ・トレードから思わず欲しくなるトートバッグが新登場

FashionMusic 2020.03.05 Text by 編集部

1976年にロンドン西部のポートベロー・ロードに開店したレコードショップ「ラフ・トレード・ショップ」。日本でもおなじみで、お土産としても人気の高いトートバッグが装い新たに登場します。

Sponsered Link


Sponsered Link

現在ではその1号店をはじめ、現在の旗艦店であるロンドン東部のブリックレーンにある「ラフ・トレード・イースト」、ブリストル、ノッティンガム、そしてニューヨークにもお店を構えている「ラフ・トレード・ショップ」は、78年にレコード・レーベルの「ラフ・トレード・レコード」も設立。ザ・スミスを筆頭に数多くのインディ・バンド、シンガーが所属しました。91年の閉鎖後、2000年に運営を再開した後はザ・リバティーンズやザ・ストロークスを世に送り出し、現在もブラック・ミディほか有望な若手が次々と登場しています。

 

 

そんな「ラフ・トレード・ショップ」でレコードやCDと一緒に買い求められるのがロゴがプリントされたトートバッグ。5ポンドというリーズナブルな値段もあって大人気ですが、そのトートバッグに新しいラインナップが加わります。

 

 

厚手の黒いコットンキャンバス生地でヘヴィーユースでもくたびれなさそうな新しいトートバッグは、LPレコードがすっぽり入る大容量で、ロゴ部分のポケットには7インチ・シングルが入るサイズとなっています。また、バッグ内には貴重品をしまうのに最適なファスナー付きの7インチ・ポケットも。ちょっとしたお出かけから野外フェスまで、使いまくれそうなトートバッグは3月13日より販売開始で、現在予約受付中。お値段ですが日本への送料(トラッキングなし)も含めて、約36ポンド(1ポンド140円換算で5040円)となっています。

 

■Link

https://www.roughtrade.com/gb

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US