LUSHが企画制作した短編ドキュメンタリー映画が公開中

Fashion 2020.05.03 Text by 編集部

英国発のフレッシュハンドメイドコスメLUSH(ラッシュ)が短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers(ウィー ザ ベイザーズ)』の日本語字幕版をYouTube<18歳以上>にて公開しています。

Sponsered Link


Sponsered Link

LUSH(ラッシュ)は英国生まれのフレッシュハンドメイドコスメブランド。創立以来、新鮮さとオーガニックにこだわった、採れたてのフルーツや野菜、香り高いエッセンシャルオイルを使い、一つひとつハンドメイドしています。また、原材料は地産地消にこだわり、可能な限り日本国内で入手し、すべての製品をキッチン(神奈川県の製造工場)で生産し、フレッシュな状態で顧客に商品を届けています。また、ラッシュは、人・動物・環境に配慮したビジネスを展開。化粧品の動物実験廃止や、容器のリサイクルはもちろん、ゴミをゼロに近づけるためにプラスティック容器や包装を必要としない固形商品の開発など、ビジネスを通して社会に存在する様々な課題の根本解決を目指した持続的な取り組みを推進しています。現在ラッシュは世界48の国と地に約930店舗を展開し、日本では82店舗が営業しています。

 

今回制作された『We the Bathers』は日本を含む世界12か所の異なるバスタイムのストーリーをモチーフに、すべてに共通する“水によって解き放たれる人間の感情”を描いた短編ドキュメンタリー映画。人種差別、メンタルヘルス、ホームレス、移民、売春といった社会問題にも触れながら、水に触れることでいかに感情を解放するのか、またその感情の解放におけるバスルームの役割を浮き彫りにしています。この短編は、2020年1月ニューヨークで開催された 『Vimeo’s 2019 Staff Picks Best of the Year』のBest of Documentaryにノミネートされました。

 

Phoebe Arnstein

 

監督はロンドン出身のフィービー・アーンシュタイン。『ザ・クラウン』や『SHERLOCK』、『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』など、イギリスの名だたる映画・テレビ番組にカメラ・アシスタントとして関わり、ミュージック・ビデオのライティングや短編映画制作により独自の視覚言語の形成を確立した後、監督業に転じました。

 

ナチュラルコスメブランドであるラッシュは、新鮮な野菜や果物を原料にハンドメイドしたスキンケアやバスアイテムなどの商品を通して、顧客にハッピーでヘルシーな毎日を送ってもらいたいと考えています。入浴は体を洗浄するだけではなく、独りで考えごとやリラックスをしたり、大切な人と過ごす特別な時間など、一人ひとりの感情のバランスを保つ重要な役割を果たすパーソナルなもの。ラッシュは、人々の生活に寄り添い、そのパーソナルな時間をより特別なものにできるよう、長年にわたり革新的なバスアイテムを開発してきました。今回、お風呂でくつろぐ大切さやバスタイムの魅力を届けることを目的として、本映画が制作されました。

 

バスタイムはただ体を洗浄するだけの時間ではありません。ラッシュの入浴料「バスボム」は、湯船の水面でまるでアートのようにマーブル状に溶ける様を視覚的に楽しんだり、豊かなエッセンシャルオイルの香りやバスルームに優しく響き渡るお湯に溶ける音などを体感することで、いつものバスタイムを普段と違った特別な時間へと誘います。また、入浴をすることで血行を促し代謝を上げたり、こだわりの原材料により入浴の効果を高めることができます。

 

 

■Film info
『ウィー ザ ベイザーズ』

 

監督・撮影 : フィービー・アーンシュタイン
企画・制作委託 : ラッシュ

2019年 / イギリス映画 / 英語 / 原題 : We the Bathers
注:『We The Bathers』は人々の最もプライベートな瞬間を撮影しているため、部分的または、完全なヌードのシーンがあることを予めご了承ください。

 

■Link
https://jn.lush.com/

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US