映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』からジョニー・デップのインタヴュー映像が公開に

映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』場面写真

Sponsered Link

Sponsered Link

「ザ・ポーグズ」のフロントマンで強烈に厄介な天才シンガー、シェイン・マガウアンの軌跡を、30年来の友人であるジョニー・デップ製作でドキュメンタリー映画化。『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』が6月3日(金)より渋谷シネクイントほか全国順次公開。

このたび、ジョニー・デップの貴重なインタヴュー映像が公開に。本作の製作を務め、インタヴュアーとしても出演しているジョニー・デップが、30年来の友人シェイン・マガウアンについて終始笑顔を見せながら語ります。

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』場面写真

「シェインとつき合っていくことはまるで、毎日違う靴を履くようなものなんだ。種類もさまざまでとてもきつい靴もある。常に強制的に何かを考えさせられることになる。四六時中、足の痛みが頭から離れない。あるいはいろんな靴の履き心地を考えたりする。要は彩りのある経験をさせてくれるんだ」と、シェインといることは毎日違う靴を履くように、新たな刺激が得られると熱弁するジョニー。

続けて、ジュリアン・テンプル監督は「しかも“予測不能”だ。彼はワニなんじゃないかっていつも思ってる。寝ているように見えて実は違う」と、本作でシェインといちばん向き合ってきたジュリアンだからこそ例えられる表現にジョニーも「危険だ。常に見てる」と納得の表情を浮かべます。

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』場面写真

会話が弾む中、話題はアイルランド音楽界で最も愛され、恐れられ、謎めいた言葉の達人シェイン・マガウアンという唯一無二の人物へ。

ジョニーは「普通シェインのように多くの作品を作る人は、自分らしくいられるときはとても静かなんだ。居心地が悪いと感じるとひねくれた態度を取ったりする。だからシェインも居心地の良い場所にいる時は、わめき散らしたり大声で話したりすることはない。静かに座って思いにふけっている。誰も想像できないような穏やかで調和のとれた心を持っている。時々手を伸ばしてこちらに触れ、つかもうとする。でもその手に触れると逃げてしまう。シェインはとても繊細な性格だ」と、気心の知れた長年の友人ジョニーだからこそ見せるシェインの素顔が明らかとなっていきます。

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』場面写真

続けて、「ザ・ポーグズ時代に作った作品でこんな楽曲がある。『ニューヨークの夢』。この曲は今でも間違いなく最高傑作のひとつだ。でも彼はそのことを認めようとしない」と、ジョニー含め世界中の人々が太鼓判を押す楽曲、「ニューヨークの夢」を最高傑作だと認めようとしないシェインのプロ意識の高さが垣間見えます。

各界の破天荒な著名人によるコメント

    泉谷しげる(ミュージシャン・役者)

    ロック・ミュージシャンの伝記映画にはロクなのがないから期待してなかったが、この映画はちがった! パンクとケルト音楽! すばらしすぎ! ぜひ!

    大貫憲章(DJ / 音楽評論家)

    ブラボー! ブラボーー!! シェイン、アンタはサイコーだよ! 歯がなくてもアル中でもハートがピュアソウル一億パーセント。荒ぶる魂の切ないアイリッシュパンクは日本のダンスフロアまでも激らせてるぜー! イエ〜!!

    甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)

    世紀のスクープ!
    遂にカメラはとらえた!!
    アイルランドに妖精は実在する!!!
    音楽を連れて。ウィスキーに連れられて。

    チバユウスケ(THE BIRTHDAY / midnight bankrobbers)

    2005年フジロック
    ホテルのエレベーターでドロドロのシェインに遭遇しました
    すぐにスタッフにペンを借りてサインを頼みました
    彼は俺の着ていたタンクトップにHELPと書きました
    さすがシェインだ

    奈良美智(美術家)

    奇人変人、薬中、アル中、世の中にはいっぱいいるんだろうけど、こんな人はホントいない、みんなの心を歌で掴んだ人のとってもスペシャルな人生ドキュメント!

    フレディ塚本(唄い者)

    シェイン・マガウアンと、わたくしの歩んできた人生と真逆。
    なので、素直に、面白い映画でした。
    彼の、深く激しい人間愛ゆえの現実との歪み。
    そこと折り合いをつけるためかの、彼のそばには、“酒・ドラック、そして素晴らしい音楽”。
    人間都合の、正しさ・平和・幸福とは?
    あ~、兎に角楽しく観ましょ!

    真島昌利(ザ・クロマニヨンズ)

    お〜い、シェイン!
    まだまだ遊ぼうぜ!
    この夏の日の輝きが永遠だって事、忘れちゃいないだろ?

    みのミュージック(YouTuber / アーティスト)

    時の試練に打ち勝ち、今なお愛され続けるシェイン・マガウアンの楽曲。そのレシピを丸裸にするドキュメンタリー。アイルランドのルーツとデカダンな生活から生まれたのは、人々を虜にする彼のペーソスでした。

    五十音順、敬称略

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』ジャパンプレミア10名様をご招待!

British Culture in Japanでは5月23日(月)に渋谷のユーロライブで行われる『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』の試写会に10名様をご招待!

応募方法は以下の通りとなります。

1. British Culture in Japanと映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』のTwitterアカウントをフォロー⇒ https://twitter.com/britculturejp, https://twitter.com/shane_yakkai

2. 以下の文言をコピペしてご自身のTwitterアカウントでツイート。

6月3日(金)より公開される映画『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』の試写会プレゼントに応募しました https://bcij.jp/ctg/film/12777.html #shane_bcij

以上で応募完了です。締め切りは5月11日(水)23時59分。当選者の方にはDMでお知らせいたします。

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』ジャパンプレミア

場所
ユーロライブ(東京都渋谷区円山町1-5 KINOHAUS 2F)
日時
5月23日(月)18時30分開場 / 19時開映(上映時間 : 130分)
募集人数
10名 ※当選通知1件につき1名様が来場いただけます(組でのご招待ではありません)

シェイン 世界が愛する厄介者のうた

『シェイン 世界が愛する厄介者のうた』ポスターヴィジュアル

 

監督
ジュリアン・テンプル
製作
ジョニー・デップ
出演
シェイン・マガウアン、ジョニー・デップ、ボビー・ギレスピー、ニック・ケイヴ、モーリス・マガウアン、シヴォーン・マガウアン、ヴィクトリア・メアリー・クラーク、ジェリー・アダムズ、ボノほか
作品情報
2020年 / イギリス・アイルランド・アメリカ映画 / 英語 / 原題 : Crock of Gold: A Few Rounds with Shane MacGowan
公開日
6月3日(金)より渋谷CINE QUINTOほか全国順次公開
配給
ロングライド

©The Gift Film Limited 2020

Link

https://longride.jp/shane

Share
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Mail

Sponsered Link

Sponsered Link

Recommends
合わせて読みたい

Sponsered Link

Sponsered Link