映画『キーパー ある兵士の奇跡』が10月23日より全国公開

FilmSports 2020.07.30 Text by

2019年にドイツのバイエルン映画祭で最優秀作品賞に輝き、イギリス、アメリカ、フランスなどの映画祭で次々と観客賞を贈られた映画『THE KEEPER』の邦題を『キーパー ある兵士の奇跡』とし、10月23日(金)から新宿ピカデリーほか全国公開されることが決定しました。

Sponsered Link


Sponsered Link

『キーパー ある兵士の奇跡』は、第二次世界大戦で捕虜としてイギリスの収容所に送り込まれたナチス兵士のバート・トラウトマンが、終戦後にイギリスとドイツを結ぶ平和の架け橋となり、やがて国民的ヒーローとして敬愛されたという驚くべき実話から生まれた物語。なぜ、そんな奇跡を成し遂げられたのか? そこには、これが真実だとはとても信じられないほどのドラマティックかつ波乱万丈の人生がありました。

 

 

このたび公開された特報映像は、ナチス兵士のバート・トラウトマンが、戦地で捕虜となり、敵国イギリスの収容所にいるシーンから始まります。地元チームの監督(ジョン・ヘンショウ)がトラウトマンのゴールキーパーとしての才能に目をつけてスカウト。その後、試合で活躍してマンチェスター・シティFCに入団しますが、ユダヤ人が多く住む街で、元ナチス兵士という過去から、想像を絶する誹謗中傷を浴びせられることに。それでも彼を信じて支える妻(フレイア・メーバー)の姿や、ゴールを守り抜いて国民的ヒーローとして活躍するまで、トラウトマンの波乱万丈な人生を映し出した映像となっています。あわせて到着したポスターヴィジュアルでは夫婦の愛と絆を感じさせるカットから、ナチス兵としての戦争の過去、そして彼がゴールキーパーとして平和の架け橋となるまでの、壮絶なドラマを想起させる仕上がりとなっています。

 

 

 

いくつもの逆境に立たされながらも、唯一自分にできる“素晴らしいプレー”を貫くことで、人々に勇気を与え続けたトラウトマンを演じるのは『愛を読むひと』のデヴィッド・クロス、彼の妻のマーガレットには『サンシャイン/歌声が響く街』のフレイア・メーバー。マーガレットの父親役に『天使の分け前』のジョン・ヘンショウ、収容所時代のトラウトマンにつらく当たるスマイス軍曹に『ハリー・ポッター』シリーズのダドリー・ダーズリー役を演じたハリー・メリング、マンチェスター・シティFCの監督に『リトル・ダンサー』のパパ役で知られるゲイリー・ルイスと、英国を代表する実力派俳優が揃いました。監督は、ドイツ国内で数々の賞を受賞してきたマルクス・H・ローゼンミュラー。“敵”とみなしていた相手を“人”として愛し始め、やがて固い絆で結ばれていくふたりの姿に誰もが心を深く揺さぶられるはず。

 

 

 

どんな悲しみも憎しみも、自らが選んだ生き方で愛に変えることができると教えてくれる感動の実話がこの秋、いよいよ日本で公開です。

 

■Film info
『キーパー ある兵士の奇跡』

 

 

監督 : マルクス・H・ローゼンミュラー
出演 : デヴィッド・クロス、フレイア・メーバー、ジョン・ヘンショウ、デイヴ・ジョーンズほか

 

2018年 / イギリス映画 / 英語 / 原題 : The Keeper
配給 : :The Keeper
10月23日(金)より新宿ピカデリーほか全国公開

ⓒ2018 Lieblingsfilm & Zephyr Films Trautmann

 

■Link
https://movies.shochiku.co.jp/keeper/

 

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US