映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』本編映像公開!

FilmMusic 2020.08.21 Text by 編集部

9月25日(金)に公開が決定した映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』の酔った勢いでリアムが熱唱する本編映像が公開に!

Sponsered Link


Sponsered Link

オアシスの成功でスターダムにのしあがる反面、破天荒でスキャンダラスな行動をとったことでメディアから度々バッシングを受けるリアム・ギャラガー。さらにバンド・メンバーである兄ノエル・ギャラガーとの確執が表面化し、バンドは解散状態に。そこから新たに結成したバンド、ビーディ・アイも軌道に乗らず解散となってしまいました。失意の中、自らの力だけで音楽の世界を生き抜くことを決意したリアム。本作はイギリスのロック・シーンを牽引するロックンロール・スター=リアム・ギャラガーの成功、挫折、苦悩からの復活をありのままに映し、彼の素顔に迫るドキュメンタリーです。

 

 

今回公開となったのは、リアムがパブで弾き語りをする本編映像。時はオアシス解散後。離婚訴訟問題が勃発し、結成したバンド、ビーディ・アイも軌道に乗らず自然消滅。リアム・ギャラガーが失意のどん底にあった時期。ある日リアムは、結局は8時間飲み続けることになるパブでギネスビールを飲み続けていました。リアムの兄ポール・ギャラガーが明かすようにベロベロの状態だったリアムは、酔った勢いでパブの老人が渡してきたギターを手に自ら作った未発表曲「ボールド」を演奏。

 

 

後にこの様子を撮影した映像がネットにアップされ話題に。リアムの復活を予感させる、伝説の映像となりました。「飲んだギネスは、ほぼ30杯」と語るリアムは、当時一般客が混じるパブで1stソロ・アルバム『アズ・ユー・ワー』に収録されることになる楽曲「ボールド」を歌った経緯について、「誰かがギターを出してきたら、俺が弾いてた」とごく自然に歌唱していた状況を振り返ります。

 

元オアシスのメンバーのボーンヘッドは「ボールド」について、リアムが楽曲発表前、携帯に録音して送ってきた過去を振り返ります。「『聴けよな。頭がブッ飛ぶぜ』っていう態度じゃない。『どう思う? いいかな?』と、もっと謙虚な態度だった」。破天荒でビッグマウスな言動で知られるリアムからは想像がつかない素顔を映し出した映像で、まさに映画を象徴するシーンと言っていいでしょう。

 

■Story

オアシス解散の瞬間を捉えた衝撃的な映像から始まり、圧倒的なライヴ映像を織り交ぜながら初めて明かされる家族と兄ノエルへの想い。元オアシスのギタリストのボーンヘッド、母ペギー、長兄ポール、息子ジーンとレノン、そしてパートナーのデビー・グワイサーら身近な関係者の貴重な証言から人間リアム・ギャラガーの素顔が浮かび上がってくる。世界のロックシーンを牽引する“最後のロックンロール・スター”リアム・ギャラガーの成功、挫折、苦悩、そして再起を賭けた感動的な復活劇を10年にわたり撮影した革新的なドキュメンタリー映画。

 

 

■Film info
『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』

 

監督 : ギャビン・フィッツジェラルド、チャーリー・ライトニング
出演 : リアム・ギャラガー、ボーンヘッド、ノエル・ギャラガー、ポール・ギャラガー、クリス・マーティンほか
2019年 / イギリス映画 / 英語 / 原題 : LIAM GALLAGHER: AS IT WAS
公開日 : 9月25日(金)TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
配給 : ポニーキャニオン
©2019 WARNER MUSIC UK LIMITED/span>

 

■Link
https://asitwas.jp/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US