ダニエル・ラドクリフ主演最新作『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』が今週末から日本公開

Film 2020.09.16 Text by 編集部

ダニエル・ラドクリフ主演最新作『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』が9月18日(金)よりシネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほかで日本公開されます。

Sponsered Link


Sponsered Link

本作は、強い意志とスリルに満ちた脱獄劇であるだけではなく、抑圧された者達の闘争であり、すべての人の平等を追求するために立ち上がった男たちの実話スリラーとなっています。実在する政治脱獄犯ティム・ジェンキンという難役をみごとに演じきったダニエル・ラドクリフは、「ハリー・ポッター」のイメージを払拭するかのように、武器を“杖”から“鍵”に変えて、新たな境地を開拓。共演には、Netflixドラマ『ザ・ダート モトリー・クルー自伝』のダニエル・ウェバー、『ハリー・ポッターと賢者の石』のイアン・ハート、今年映画化もされたオーストラリア・ドラマ『ミス・フィッシャーの殺人ミステリー』のネイサン・ペイジほか。監督は、新鋭のフランシス・アナンが務めます。

 

 

日本版予告では、冒頭、当時のアパルトヘイト下の南アフリカの映像が流れ、本作が事実に基づかれた映画であることがわかり、ダニエル・ラドクリフ演じる主人公ティム・ジェンキンの姿が現れます。反体制派の活動によりティムらは刑務所に送られると、看守長からは裏切り者として「白いマンデラ」と揶揄されることに。収監後すぐに脱獄の意志を示すティムに対し、同じ組織の長老デニスは、「脱獄は不可能」だと制します。

 

 

しかし、木片の鍵を作って脱獄することを思いついたティムらが、看守らの厳しい監視の中、様々な道具を駆使して脱獄の準備をする様子が映し出されます。「前代未聞」「自由と平等のために」というテロップ、「絶対に諦めない」というセリフからティムの脱獄への強い意志が感じられるとともに、緊迫感のある音楽から非常にスリリングな映画であることがうかがえるはず。また、今回、政治脱獄犯を演じるダニエル・ラドクリフは、髭をはやし端正なスーツ姿、白いランニング姿、シャワーシーン、設計図を書いて木鍵を作る知的な姿など、ファンにとっては、ラドクリフの様々な表情、新たな一面を見ることができる必見の映像に仕上がっています。

 

 

■Story

南アフリカ人のティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)は、白人でありながら反アパルトヘイト組織「アフリカ民族会議(ANC)」の隠密作戦を行い、同胞のスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)と共に最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄される。ティム、スティーブンらは、自由と平等を手にするためにすぐに脱獄を決意する。彼らは様々な脱獄方法を模索し、最後に選んだ手段は、無謀とも言える木片を集めた鍵だった。看守の目を盗みながら、鍵を作っては解錠を繰り返し、徐々に出口までの鍵が完成していく一方、看守たちの監視の目は厳しさを増していく。そして、投獄から18ヶ月後の1979年、彼らは“鉄製”の扉を“木鍵”で突破を試みるが……

 

■Film info
『プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵』

 

 

監督 : フランシス・アナン
脚本 : フランシス・アナン、L.H.アダムス、カロル・グリフィス
原作 : ティム・ジェンキン『脱獄』(同時代社刊)
出演 : ダニエル・ラドクリフ、イアン・ハート、ダニエル・ウェバー、マーク・レオナード・ウィンター、ネイサン・ペイジ、スティーブン・ハンターほか

 

2020年 / イギリス・オーストラリア映画 / 英語 / 原題 : Escape from Pretoria
配給 : アット エンタテインメント
9月18日(金)よりシネマート新宿、ユナイテッド・シネマ豊洲ほか全国順次公開
©2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP

■Link
http://www.at-e.co.jp/film/escape/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US