マイケル・ケイン主演最新映画『キング・オブ・シーヴズ』日本版予告編公開

Film 2020.10.18 Text by 編集部

来年1月に日本公開される、『アルフィー』や『キングスマン』、そしてクリストファー・ノーラン監督の諸作への出演で知られる、英国映画界を代表する名優のマイケル・ケインが主演する映画『キング・オブ・シーヴズ』の日本版予告編が公開に。

Sponsered Link


Sponsered Link

かつて「泥棒の王(キング・オブ・シーヴズ)」と呼ばれたブライアン(マイケル・ケイン)。一度は裏社会から引退し、愛する妻と平穏な日々を過ごしていましたが、妻の急逝後、知人のバジル(チャーリー・コックス)からロンドン随一の宝飾店街“ハットンガーデン”で約25億円を盗み出す大がかりな窃盗計画を持ちかけられ、伝説の窃盗団を再結集、再び犯罪の世界に手を染めることに。

 

映画『キング・オブ・シーヴズ』場面写真

 

ブライアンは、テリー(ジム・ブロードベント)、ケニー(トム・コートネイ)、ダニー(レイ・ウィンストン)、カール(ポール・ホワイトハウス)ら、かつての悪友たちを集め、平均年齢60歳オーバーの窃盗団を結成。綿密な計画のもといざ実行日を迎えようとしますが、なぜかブライアン自身が突然計画から抜けると言い出します。

 

映画『キング・オブ・シーヴズ』場面写真

 

過去凄腕だった盗みのプロたちも、いまや平均年齢60歳超え! 盗みの作戦会議でも上る話題はお互いの体の不調のことばかりという危なっかしい彼らでしたが、そんなことはまったくお構いなし、熟練の余裕さえ感じさせる独自スタイルで強盗計画を着実・完璧に遂行していきます。しかし計画が成功したと思ったのも束の間、この強盗計画の裏に隠されていた本当の“秘密”と“嘘”が徐々に暴かれていき、かつての仲間たちはお互いが猜疑心にかられていくことに。今回公開された日本版予告編は「騙す」「仕掛ける」「盗み出す」をキーワードに緊迫感とユーモアあふれるスタイリッシュな映像となっています。

 

映画『キング・オブ・シーヴズ』場面写真

 

マイケル・ケインを中心に、ジム・ブロードベント、トム・コートネイら英国を代表する豪華俳優たちが、英国の気品と高貴を感じさせる“平均年齢60歳以上の窃盗集団”として、クールにそろい踏みした姿も圧巻! 監督は第87回アカデミー賞では5部門にノミネート、エディ・レッドメインが主演男優賞を受賞した『博士と彼女のセオリー』のジェームズ・マーシュ。人生も悪さも大ベテランの彼らが巻き起こした史上空前の窃盗劇──その驚きの顛末をやいかに!?

 

 

■Film info
『キング・オブ・シーヴズ』

 

映画『キング・オブ・シーヴズ』場面写真

 

監督 : ジェームズ・マーシュ
出演 : マイケル・ケイン、ジム・ブロードベント、トム・コートネイ、チャーリー・コックス、ポール・ホワイトハウス、レイ・ウィンストン、マイケル・ガンボンほか
2018年 / イギリス映画 / 英語 / 原題 : King of thieves
公開日 : 2021年1月TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
配給 : キノフィルムズ
©2018 / STUDIOCANAL S.A.S. – All Rights reserved

 

■Link
https://kingofthieves.jp/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US