未発表映像、音源で再編集された映画『ザ・ビートルズ:Get Back』の日本公開が決定!

FilmMusic 2020.12.22 Text by 編集部

ザ・ビートルズにとって最後のライヴとなった、ロンドンでの奇跡の42分間の“ルーフトップ・コンサート”を含む、60時間の未発表映像、150時間の未発表音源で再編集された映画『ザ・ビートルズ:GetBack』の世界同時劇場公開が発表に。

Sponsered Link


Sponsered Link

わずか8年足らずの活動にもかかわらず、数々の世界記録とともに、音楽・文化・ファッションだけでなく、社会・経済・政治──時代や国境を超えて世界中の人々に多大な影響を与えたザ・ビートルズ。このたび公開が明らかとなった映画の監督を務めるのは、アカデミー賞®で3度の受賞を誇る『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズの巨匠ピーター・ジャクソンです。

 

本作について監督は「タイム・マシーンに乗って1969年に戻り、スタジオで4人が素晴らしい音楽を作っている現場に居合わせられるような体験だ」と語っていて、時空を超えたライヴ・ヴューイング・ショーとしての映像体験に期待が高まります。

 

劇場公開決定を待ち望むファンのためにピーター・ジャクソン監督は「世界中のビートルズ・ファンにクリスマス・プレゼントを贈りたいと思い、来年劇場公開の映画『ザ・ビートルズ:Get Back』の5分間の先行特別映像を制作しました。私たちはこの映像がみなさんを笑顔にして、この困難な時に必要とされる喜びを与えてくれるよう願っています。」とコメント。貴重なザ・ビートルズの未公開映像を含む約5分の特別映像が日本語字幕付きで配信されました。

 

 

タイトルに冠した不朽の名曲「Get Back」(原点回帰/復活)に込められた意味とはいったい何なのか!? ザ・ビートルズのラスト・ライヴ完全版と共に、その裏側に隠された“衝撃の真実”が明らかになる、時空を超えた『ザ・ビートルズ: Get Back』は2021年8月27日(金)に世界同時劇場公開となります。

 

■Film info
『ザ・ビートルズ: Get Back』

 

監督 : ピーター・ジャクソン
出演 : ジョン・レノン、ポール・マッカートニー、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターほか
2021年 / イギリス映画 / 英語 / 原題 : The Beatles: Get Back
公開日 : 2021年8月27日(金)世界同時劇場公開
配給 : ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2021 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

 

■Link
https://sp.universal-music.co.jp/beatles/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US