4K修復で鮮烈、鮮明によみがえった『戦場のメリークリスマス』の予告編が公開

Film 2021.03.03 Text by 編集部

松竹ヌーヴェルヴァーグを生み、差別や犯罪など、社会の歪みと闘い続けた映画監督、大島渚。彼の最大のヒット作である『戦場のメリークリスマス』(83年公開)が4K修復。美しくよみがえった『戦場のメリークリスマス 4K修復版』が4月16日(金)より、ヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開となります。

Sponsered Link


Sponsered Link

『戦場のメリークリスマス』は、ジャワ島にある日本軍俘虜収容所を舞台に、、坂本龍一、ビートたけしら当時では到底考えられない、本業が俳優ではない顔ぶれをメインキャストに迎え大ヒットした、戦闘シーンが一切登場しない異色の戦争映画。

 

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』場面写真

 

このたび公開された予告編は、“大島渚監督 最大のヒット作”という文字と共に、一聴するだけで即座に目の前を映画の世界へ誘ってしまう、坂本龍一の名曲「Merry Christmas Mr.Lawrence」が流れる場面から始まります。

 

その後、マーティン・スコセッシ、ベルナルド・ベルトルッチ、クリストファー・ノーランによる熱きコメントと共に、ボウイ演じる俘虜ジャック・セリアズ少佐と坂本扮するヨノイ大尉の運命的な出会いの場面が切り取られています。

 

 

映画は、魔性とも言えるセリアズの美しさにヨノイがいつしか惹かれていく様と、また一方で、粗暴なハラ軍曹(ビートたけし)と温厚な英国人俘虜ロレンス(トム・コンティ)の奇妙な友情という、東洋と西洋の文化の対立、融合を描いています。

 

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』場面写真

 

今回の上映は、大島渚監督作品が2023年に国立機関に収蔵される予定のため、最後の大規模ロードショーとして企画されました。後世に多大な影響を残し、鮮烈な印象を多くの人に与えた日本が誇る鬼才、大島渚作品が鮮明になってスクリーンで観られる貴重な機会となります。

 

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』場面写真

 

『戦場のメリークリスマス 4K修復版』場面写真

 

■Film info
『戦場のメリークリスマス 4K修復版』

 

監督・脚本 : 大島渚
製作 : ジェレミー・トーマス
脚本 : ポール・マイヤーズバーグ
撮影 : 成島東一郎
音楽 : 坂本龍一
美術 : 戸田重昌
原作 : サー・ローレンス・ヴァン・デル・ポスト『影の獄にて』
出演 : デヴィッド・ボウイ、トム・コンティ、坂本龍一、ビートたけし、ジャック・トンプソン、ジョニー大倉、内田裕也ほか
1983年 / 日本・イギリス・ニュージーランド映画 / 英語 /
公開日 : 4月16日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町、新宿武蔵野館ほか全国順次公開
配給 : アンプラグド
©大島渚プロダクション

 

■Link

http://oshima2021.com/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US