映画『ボヘミアン・ラプソディ』が本編ノーカットで地上波初放送決定!

FilmMusic 2021.04.16 Text by

映画『ボヘミアン・ラプソディ』が、日本テレビ系列「金曜ロードショー」で6月4日(金)21時から本編ノーカットで地上波初放送が決定!

Sponsered Link

Sponsered Link

日本でも累計観客動員数941万、興行収入130億円を突破し、2018年度に公開された邦画・洋画の興行収入を合わせた年間総合ランキングで第1位に輝く爆発的ヒットを記録した映画「ボヘミアン・ラプソディ」。第91回アカデミー賞では、ラミ・マレックの主演男優賞を始め最多4部門を獲得しました。

 

『ボヘミアン・ラプソディ』場面写真

 

同名の映画のサントラ盤を含めたクイーンのカタログの総売り上げは、2018年以降、日本だけでも200万枚(フィジカルとデジタルの合算※2021年4月現在)を突破。

 

「日本ゴールドディスク大賞」においても、第33回(2019年)から第35回(2021年)まで3年連続で「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」の洋楽部門に輝いています(通算では4度目)。

 

『ボヘミアン・ラプソディ』場面写真

 

2021年はジョン・ディーコン(b)が1971年にバンドに加入して、フレディ・マーキュリー(vo)、ブライアン・メイ(g)、ロジャー・テイラー(ds)という顔ぶれのクイーン最強のラインナップが完成してから50周年にあたる記念の年。

 

1973年のデビュー当時から彼らを熱心に応援してきた日本とクイーンの特別な関係は有名な話ですが、バンドにとって重要な節目となる2021年に、2018年最大のヒット作『ボヘミアン・ラプソディ』が、地上波初放送されることになりました。

 

『ボヘミアン・ラプソディ』場面写真

 

また、映画のテレビ放送に先駆け、クイーン結成50周年を記念して日本でも長らく入手困難だったクイーンのオリジナル・アルバム全15タイトルの“リミテッド・エディション”が日本でのみ5月19日(水)に再発売されます。

 

映画『ボヘミアン・ラプソディ』の地上波初放送に関して、メンバーのブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、そして劇中でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレックが、日本のファンへ次のようにコメントを寄せてくれました。

 

ブライアン・メイ

 

To all our dear fans and friends in Japan – Kampai!! Thank you for being such a great part of our lives!! Enjoy the film!!

Bri X

 

日本のファン、そして親愛なるみなさん、乾杯! みなさんは私たちの人生においてかけがえのない存在です。感謝しています。映画を楽しんでください!!

Bri X

 

『ボヘミアン・ラプソディ』場面写真

 

ロジャー・テイラー

 

Hi to all our wonderful friends in Japan! It’s been an incredible journey and we still haven’t finished!

 

日本の親愛なるみなさん、こんにちは。この映画は私たちの素晴らしい冒険を描いていますが、まだ終わってはいません!

 

『ボヘミアン・ラプソディ』場面写真

 

ラミ・マレック

 

みなさんに、金曜ロードショーで「ボヘミアン・ラプソディ」をご覧いただけることを、とてもうれしく思います。We are the Champions! ありがとうございます。日本のみなさん、愛しています!

 

『ボヘミアン・ラプソディ』場面写真

 

Photo by Denis O’Regan ©Queen Productions Ltd. © 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation, Regency Entertainment (USA), Inc. and TSG Entertainment Finance LLC in the U.S. only. © 2018 Twentieth Century

 

■Link
https://www.universal-music.co.jp/queen/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US