ヒュー・グラントとチャーリー・ハナムの掛け合いに爆笑必至! 映画『ジェントルメン』の本編映像公開

Film 2021.04.23 Text by

5月7日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかにて全国公開される、ガイ・リッチー監督最新作『ジェントルメン』の本編映像が公開に。

Sponsered Link

Sponsered Link

このたび公開された本編映像は、ゲスな私立探偵フレッチャー()が金を強請(ゆす)るため、レイ()に対して“ネタ”に関わるスクープ映像を見せるシーン。

 

戸惑うレイに問答無用と言わんばかりに“アテレコ台本”を渡しながら「あんたがドライ・アイ役、俺がマシュー役だ」と配役を伝えたフレッチャーは、自身が盗撮してきた映像を一緒に見ながら、読唇で作成した台本に沿って声をあてて欲しいと頼みます。

 

映画『ジェントルメン』場面写真

 

「卿は命を落とした」や「報復しなければならない」など物騒なフレーズが飛び交う。わざわざ映像を一時停止し「ダメだ棒読みじゃなく感情を込めろ」とノリノリで演出するフレッチャー。

 

一方で、「オクトパスが寄ってきたら困るぞ」や「ネズミの毛をなでるな」、「春なのにセーター」など要所要所で頓珍漢な箇所が目立つフレッチャーの台本に呆れるレイ。いかにもガイ・リッチー監督らしいシュールな一コマです。

 

ヒュー・グラント演じるこのフレッチャーはいわば狂言回し役として本作を展開していくキャラクターですが、ヒュー自身にとって挑戦的なキャラクターだったようで「ガイの台詞は示唆に富んでいるし、すごく大胆だ。それをちゃんと生きた言葉にし、自分のものにできるかどうかがぼくにとってのチャレンジで、すごく楽しかった」とコメントしていました。

 

 

また、ロンドン発コーヒーブランドのコスタコーヒー(TOHOシネマズ 日比谷・日本橋にて販売中)と、『ジェントルメン』のコラボレーションも決定。TOHOシネマズ 日本橋で、映画とコーヒーをこよなく愛する石原良純によるトークイベントも実施されました。

 

一足先に本作を鑑賞した石原は「ドキドキハラハラ! 見応えのある期待作! 息をつく暇がないし、油断していると取り残されるくらいスピーディー! いい意味で疲れました」と絶賛。個性的なキャラクターたちの群像劇も見所で「8人それぞれのストーリーがあり、一人ひとりの個性が光っている。スピンオフが作れるくらい個性的」と個々の人物造形にも太鼓判。

 

映画『ジェントルメン』トークイベント

 

舞台がアメリカではなく、ロンドンというのもポイントが高いようでした。「ロンドンは西岸海洋性気候。日本と同じで四季折々があるけれど、雨がザッと降ることがなく、夏の夕暮れ時も涼しい。そんなときにサッとジャケットを羽織るというオシャレができる。アメリカと違って太陽も燦燦と降り注ぐわけではないので、イギリスならではの落ち着いたトーンがある」と気象予報士ならではの視点で分析していました。

 

この日の石原は、本作をイメージした英国紳士風スーツでビシッと決めて、胸ポケットにスカーフを忍ばせるワンポイントもオシャレ。渡哲也からいただいたものだそう。

 

石原は自らを「ジェントルマンだ」と胸を張り、「だって悪い気象予報士がいますか!?」とジョークを飛ばしつつ「渡哲也さんや舘ひろしさんら先輩方はみんなジェントルメンでした。みなさん女性には優しくて、どうして俺には優しくしてくれないの!? とは思ったけれど」と苦笑い。

 

それでも「渡さんは見ていないようで、見ていてくれる方。なんでそんなことを知っていたの? ということもありましたからね」と今は亡き偉大なる先輩の一流紳士ぶりを懐かしんでいました。

 

コーヒーを「朝の相棒」というくらい愛する石原。「美味しいコーヒーを朝一で飲むとその日一日が気持ちよく過ごせる。奥さんにもコーヒーを淹れてあげるので、一緒に飲むコーヒーが夫婦円満の秘訣かも」とニヤリ。

 

トーク中はコスタコーヒーのカフェラテよりエスプレッソが多めのフラットホワイトで喉を潤し、「今回の映画にはフラットホワイトが合う。これくらい優しい味ではないと『ジェントルメン』のスピードにはついていけない」とお気に入りでした。

 

コスタコーヒーが映画の友として鑑賞時に手元にあることで「手に汗を握っているときに一口飲むと、自分に戻ることができてホッとする。一息入れて映画を楽しめるのがいい。まさにいい取り合わせです」とおススメ。

 

誕生から50年のコスタコーヒーには「コーヒーの味は時代によってどんどん変わっていく。そういう意味ではとても面白い世代」と59歳の先輩ジェントルメンとしてエールを送っていました。

 

■Film info
『ジェントルメン』

 

『ジェントルメン』ポスター

 

監督・脚本・製作 :
撮影監督 : アラン・スチュワート
美術デザイン : ジェンマ・ジャクソン
衣装デザイン : マイケル・ウィルキンソン
編集 : ジェームズ・ハーバート、ポール・マクリス
音楽 : クリストファー・ベンステッド
出演 : マシュー・マコノヒー、チャーリー・ハナム、ヘンリー・ゴールディング、ミシェル・ドッカリー、ジェレミー・ストロング、エディ・マーサン、コリン・ファレル、ヒュー・グラントほか
2020年 / イギリス・アメリカ映画 / 英語 / 原題 : THE GENTLEMEN
公開日 : 5月7日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー
配給 : キノフィルムズ
©2020 Coach Films UK Ltd. All Rights Reserved.

 

■Link

https://www.gentlemen-movie.jp

 


Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US