「ブルックラディ アイラ・バーレイ2011」数量限定発売

シングルモルト・スコッチウイスキーブランド 「ブルックラディ」のアイラ島産大麦を100%使用した新商品「ブルックラディ アイラ・バーレイ 2011」が4月1日(月)より発売されます。

Sponsered Link

Sponsered Link

2001年の蒸留所再開以来、大麦が育つ土壌、土地、天候の影響や相互作用を含む「テロワール」が、ウイスキーの品質やフレーバーに影響するという考えに基づき、長年にわたり、シングルモルト・ウイスキーで「テロワールの真価」を表現することを目指してきた「ブルックラディ」。「どこで、どんな品種の大麦を、どのように育てるか」という3つを柱とする大麦の探求プログラムの中で、アイラ島で育った大麦を100%使用した「アイラ・バーレイ」シリーズは、当初からのブルックラディ蒸留所の使命として生産されてきました。

 

 

View this post on Instagram

 

Bruichladdich Distilleryさん(@bruichladdich)がシェアした投稿

 

このたび発売される「ブルックラディ アイラ・バーレイ2011」は、アイラ島の西側と中心部にある6つの農家が育んだ大麦を蒸留。主にファーストフィル・バーボン樽熟成原酒を使用しながら、世界でも有数の素晴らしいスウィートワインを造るワイナリーたちからやってきた、甘口白ワインのセカンド及びサードフィル樽で熟成した原酒も使用されています。それにより、若々しく力強いスピリッツに穏やかに影響を与え、正真正銘のアイラ産というテロワールがもたらすフレーバーをしっかりと感じることができることでしょう。なお、現行の「ブルックラディ アイラ・バーレイ2010」は、在庫がなくなり次第販売終了となります。

 

■Info
ブルックラディ アイラ・バーレイ / 2011 BRUICHLADDICH BERE BARLEY 2011

 

アルコール度数 / 50度
容量 / 700ml
希望小売価格(本体) / 6,500円

 

我々の進行中の試み「アイラ・バーレイ」シリーズ第6弾 / マルチ・ファーム、シングル・ヴィンテージ / ノンピーテッド・アイラ・シングルモルト・スコッチウイスキー / パブリカン種とオックスブリッジ種の大麦 / 口当たりを最大化させるためにアルコール度数50%でボトリング / 75% : 全期間ファーストフィル・バーボン樽で熟成、10% : 全期間ファーストフィル・ワイン樽(リヴザルト)にて熟成、15% : 全期間セカンド及びサードフィルの甘口白ワイン樽(オーストリア、ソーテルヌ)で熟成、それぞれの原酒をヴァッティングし、6ヶ月間後熟 / 全期間アイラ島内で熟成 / アイラ島内の湧き水を使用し、蒸留所でボトリング / ノン・チルフィルター、着色料無添加

 

<特徴>
最高のタイミングを見極めてボトリングした信じられないほど素晴らしいウイスキー。若々しいスピリッツを連想させる青い果実、リンゴ、洋ナシ、グースベリーが、時間の経過とともに桃、アプリコット、マンゴーへと変化する過程を垣間見ることができる。熟成で生まれたオークの深み、ヴァニラやココナッツの甘さ、レモンやグレープフルーツの皮の芳香が、アイラ島産大麦が持つモルトの甘みや穀物の香りを打ち消すことなく絶妙に調和している。それぞれの樽が熟成においてスピリッツに与える影響を完璧に把握しているからこそもたらされるものである。しっかりとした骨格と贅沢なテクスチャーは、アイラ島のDNAを受け継いでいる証だ。

 

<色>
刈りたての麦わら。

 

<香り>
まず全面に押し出されるフローラルかつフルーティな香り。これまでの「アイラ・バーレイ」シリーズ同様、あふれんばかりの柔らかいフルーツと繊細でフローラルなアロマ。桃やドライアプリコットとともにしゃきっとしたリンゴや熟した洋ナシの香りが示す典型的なブルックラディのスタイルを、レモンキャンディー、グレープフルーツとオレンジの皮が一段と高めている。開いてくるにつれて、フルーツ、パイプタバコ、ヴァニラ、続いてオークと穀物の香りが大麦糖やカラメルウエハースと混ざり合い、ブルックラディらしいはっきりとした潮の香りがふわりと漂う。

 

<味わい>
まず感じるのは美しいほどに柔らかくクリーミーな口当たり。大麦由来の豊かな天然のオイルが、繊細なエルダーフラワーやスイカズラ、そして大麦糖の豊かな甘みとともに舌を包み込む。最初にシトラスが海のテイストを際立たせ、ブラックペッパーとショウガの微かなフレーバーがかすかな刺激とスパイシーさを与える。それからオークとモルト、ヴァニラウエハース、ココナッツ、スギと続く。全粒粉のビスケットや焼き立てのスコーンが持つ穀物の味わいに、甘いヘザーハニーとミツロウが加わる。そしてこれまでのリリース同様、アイラ島産大麦の深みが次第に強まってくる。

 

<フィニッシュ>
アイラの人々と同様に、このウイスキーにはまだ何かあると思わせる懐の深さがある。フィニッシュにはフルーツ、オーク由来のドライアプリコット、レモン、キウイ、カラメルウエハースを感じる。アイラ島で熟成された日々を物語るかのように、日の当たる砂浜と海の香りがいつまでも漂う。舌に残る余韻は、このウイスキーが完成するまでの道のりやその緻密な構造を想い起させるようだ。

 

<ムード>
蒸留、時間、樽、大麦などそれぞれの要素がフレーバーに与える影響は明らかだが、その一つだけが突出するのではなく、複雑に作用しながら進化を遂げている。このヴィンテージでは、DNA、哲学、品質をはっきりと感じながら、あるがままの姿を楽しめるという極みに達している。

 

■Link

http://www.rcjkk.com/products/bruichladdich/

 

 

Share
  • facebook
  • Twitter
  • LINE
  • Mail

Sponsered Link

Sponsered Link

Recommends
合わせて読みたい

Sponsered Link

Sponsered Link