アードベッグの新定番『ウィー・ビースティー 5年』が発売

Food 2020.07.14 Text by 編集部

アードベッグの新定番商品となる、スモーキーさが爆発する5年熟成『アードベッグ ウィー・ビースティー 5年』が7月14日(火)に新発売。

Sponsered Link


Sponsered Link

1815年にスコットランドのアイラ島で生まれた、世界で最もピーティー(泥炭の香り)でスモーキーなシングルモルトウイスキー「アードベッグ」。ピートが非常に強くスモーキーでありながら繊細な甘さと高い品質で人を魅了してやまないその風味は、“ピーティーパラドックス”の愛称でも呼ばれています。200年以上の長い歴史の中で、数々の困難や閉鎖の危機を乗り越えてきたアードベッグ蒸留所は、その都度ファンたちの強い気持ちで支えられてきました。

 

その門戸が二度と閉じられることのないように、との思いで2000年に発足したアードベッグファンが集う「アードベッグ コミッティー」は、現在では世界で12万人を超えています。クセになる個性的な味わいから“アードベギャン”と呼ばれる熱狂的なファンに愛されるカルト的な存在であり、強烈な個性を持つ究極のアイラ・モルトとして、世界中のウイスキーファンから愛されています。

 

 

熟成年数で語られることの多いウイスキーですが、使用する樽ごとにその熟成のピークには個性があり、求めているフレイヴァーを実現するのにふさわしい熟成年数も異なります。スモーキーなウイスキーに至っては、特に熟成期間の経過とともに、スモーキーさが溶け込む傾向があり、熟成年数の若いウイスキーほどスモーキーさが際立つと言われています。

 

「ウィー・ビースティー」はスコットランドの言葉で、小さいながらも強烈なインパクトがあり、手の付けられないリトルモンスターの意味を持ちます。そして、その熟成年数の若さを武器に、スモーキーさの際立つアイラ・モルトに仕上がりました。グラスに注いだ瞬間から、砕いた黒胡椒の強いスパイシーさと樹液たっぷりの松脂の香り、そして強烈な煙の香りを感じます。口に含むと、チョコレート、クレオソート、タールの風味が爆発し、滋味あふれる肉や潮の風味が余韻として長く残ります。アードベッグが挑んだリトルモンスター「アードベッグ ウィー・ビースティー 5年」。5年熟成のスモーキーさをぜひストレートで味わってみては?

 

■Whisky info
アードベッグ ウィー・ビースティー 5年

発売日 : 2020年7月14日(火)
希望小売価格 : 5,100円(税別)
容量 : 700㎖
アルコール度数 : 47.4度

熟成年数 : 5年
熟成樽 : バーボン樽、オロロソシェリ―樽

 

TASTING NOTE

 

香り : 爽やかなハーブに微かにバニラや梨を感じる。砕いた黒胡椒の強烈なスパイシーさと樹液たっぷりの松脂の香り、そして強烈な煙の香りがまろやかでスモーキー。
味わい : チョコレート、クレオソートとタールの強烈な風味が爆発します。そして滋味あふれる肉や潮の風味が余韻として長く残ります。

 

■Link
http://www.ardbegjapan.com/weebeastie/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US