超人気イギリス菓子教室「モーニングトン・クレセント」のレシピ本が発売に

BookFood 2020.10.20 Text by 編集部

おうち時間活用法として人気の焼き菓子ほか、定番のお菓子を網羅した“イギリス菓子”レシピ本の決定版『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』が10月22日(木)に発売されます。

Sponsered Link


Sponsered Link

英国生まれ、英国育ちのステイシーさんが、東京で開いたイギリス菓子教室「モーニングトン・クレセント」(東京・東麻布)。日本全国にファンを持つ、予約がとれない大人気教室として知られ、毎月2回の焼き菓子販売には、オープン前から行列ができます。本書『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』は、貴重なレッスン内容を収録したファン待望の初レシピ集です。

 

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

 

定番のスコーン、キャロットケーキ、ビスケットから、伝統的なジェノアケーキ、シードケーキ、イースターやクリスマスのケーキまで、英国で親しまれている定番のお菓子が網羅されています。

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

 

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』の中面

 

■本書の特徴

・イギリス人著者による、英国お菓子本の決定版!

・著者主宰の教室で特に人気の高いレシピを厳選。

・すべてオリジナルの英語レシピ付き。

・「ナイフで材料を混ぜる」「泡立てない生クリームと一緒に食べる」など、本場イギリスの作り方・食べ方を伝授。

・お菓子のエピソードや歴史的背景など、読み物も満載。

 

ステイシー・ウォードさんのポートレート

 

■Profile

ステイシー ウォード(Stacey Ward)

イギリス菓子教室主宰。イギリス・マンチェスターに生まれ、幼い頃から家庭でお菓子作りを楽しむ。大学で美術専攻後、日本の高校で英語を教える仕事のため、2001年に来日。2014年、東京・東麻布で、「Mornington Crescent(モーニングトン・クレセント)」をスタートし、少人数制のお菓子教室と販売行なう。イギリス家庭の作り方をできるだけそのままに、日本で入手可能な材料でと同じおいしさのお菓子を作ることを目指している。NHK『グレーテルのかまど』、ジャパンタイムズなどのメディアに注目される。三越の英国展などイベントにも多数出店。

 

■Mornington Crescent(モーニングトン・クレセント / 略称“モンクレ”)

住所 : 東京都港区東麻布 2-14-3 カサド並木101
お菓子教室 : 少人数制のアットホームな雰囲気のレッスンで、実習&試食を行なう。毎月、季節に合わせて変わるメニューは幅広く、予約が取れないお菓子教室と知られ、全国から参加者多数。
お菓子販売 : 月2回程度、お菓子を販売する「オープンベーカリー」を開催。毎回オープン前から行列ができる。

 

■Book info

『モーニングトン・クレセント東京の英国菓子』

 

著者 : ステイシー ウォード
価格 : 本体1,900円(税別)
サイズ : B5判変型
ページ数 : 144ページ

 

■Link

http://mornington-crescent.co.jp/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US