トシ矢嶋 写真展「LONDON RHAPSODY」が枚方 T-SITEで開催

Music 2020.01.30 Text by 編集部

シャーデーの専属フォトグラファーとして、さらにUKクラブジャズ・シーンの音楽プロデューサーとしても知られるトシ矢嶋が撮影した70年代中期〜80年代初頭のロンドンでの写真が、大阪府枚方市の枚方 T-SITEにて展示されています。

Sponsered Link


Sponsered Link

トシ矢嶋は、学生時代にアルバイトをしていたマーケット「青山ユアーズ」で加藤和彦と出会い、彼の後押しで1975年に渡英。ビートルズのアシスタント・プロデューサーであるクリス・トーマスとの出会いからキャリアを広め、クイーン、ポール・マッカートニーらを始め70〜80年代に活躍したUKアーティストのポートレイトを数多く撮影しました。そのポートレイトの数々は写真集『LONDON RHAPSODY』として昨年7月に発売に。

 

 

また、YMOの海外ツアーのアテンドや音楽ジャーナリストとしても活動し、80年代のロンドンと日本の音楽シーンの重要なファシリテーターとして活躍。ロンドンに渡り、ライブステージだけでなく現地の音楽業界やアーティストのプライヴェート・エリアにまで入り込みシャッターを切ることを許された唯一の日本人がトシ矢嶋です。当時の麗しきロンドンの風景や、撮影時の仰天エピソードなども織り交ぜながら、トシ矢嶋がたどった”ロンドン・ラプソディー”をお楽しみいただけます。

 

寒い雪の日、まだ20歳ぐらいの若いU2。

 

ロンドン地下鉄の禁煙サインボードでポーズをとるボブ・マーリィ。

 

粋なブリティッシュ・ダンディ、ブライアン・フェリー(ロキシー・ミュージック)。

 

クイーン全盛期のライヴ・ショット。

 

ロンドンでのストレイ・キャッツ。

 

クリスマス・シーズンのリバティ。

 

 

■Exhibition info
LONDON RHAPSODY

 

会期 : 1月27日(月)~2月9日(日)
時間 : 10:00~20:00
場所 : 枚方T-SITE / 4Fカフェスペース
料金 : 無料 / 自由観覧
問い合せ先 : 072-861-5700

 

トシ矢嶋トークショー
日時 : 2月2日(日)15:00~16:30
場所 : 枚方T-SITE / 4Fカフェスペース
条件等 : 写真集「LONDON RHAPSODY」(リットーミュージック版)¥4,180(税込)を枚方 蔦屋書店店頭、枚方 蔦屋書店Yahoo!店(EC)で購入された方は優先入場&サイン会に参加できます。
※当日席に余裕がある場合は無料で観覧できますが、上記予約優先となります。

 

LONDON RHAPSODY NIGHT
日時 : 2月2日(日)17:00~20:00
会場 : AuRA(枚方 T-SITE8F)
料金 : 1ドリンク代 初回1,000円必要(追加ドリンク・フードは500円~)
選曲 : トシ矢嶋、安田謙一(ロック漫筆)、谷口純弘(digmeout / FM COCOLO)

 

■Link
https://store.tsite.jp/hirakata/event/music/12011-1517401230.html

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US