ポール・ウェラーがニュー・アルバムからの先行トラック「アース・ビート」を配信

Music 2020.03.19 Text by 編集部

ポール・ウェラーが、ソロ15枚目となるニュー・アルバム『オン・サンセット』(On Sunset)を6月12日にリリース。アルバムからの新曲「アース・ビート」が先行配信され、収録内容も公開されました。

Sponsered Link


Sponsered Link

「アース・ビート」には、ロンドンを拠点とする10代のR&Bシンガー、コールトレーン(Col3trane)がゲスト・ヴォーカルとして参加。現代的で浮遊感のあるR&Bトラックにオーケストラによるストリングスも加わる、前作『トゥルー・ミーニングス』からの流れを汲みながらも、さらなる前進を感じさせる1曲に。ニュー・アルバム『オン・サンセット』は、クラシックかつモダンな曲が満載の、ソウル・アルバムであり、エレクトロニック・アルバムであり、オーケストラ・アルバムであり、クラシックなポップ・ソングと心を揺さぶるバラードがあり、かつほのかな実験精神を散りばめたアルバムとなっているとのことです。

 

 

ポール・ウェラーは本作の大部分で多種多彩な楽器を担当。彼のレギュラー・バンドのベン・ゴードリア(パーカッション)、アンディ・クロフツ(ベース)、スティーヴ・クラドック(ギター)や、元ザ・ストライプスのジョシュ・マクローリー(ギター)、元スレイドのジム・リー(バイオリン)、ザ・スタイル・カウンシル時代の同僚ミック・タルボット(ハモンドオルガン)、そしてフランスのバンド、ル・シュペールオマール(Le Superhomard、彼らのアルバム『Meadow Lane Park』は2019年にウェラーがお気に入り作品として挙げていたうちの1枚)のジュリー・グロ(ヴォーカル)らが参加。アルバムの作詞作曲とレコーディングは、ウェラーのヘッドクォーターといえる英サリー州のブラック・バーン・スタジオで行われました。アルバムのプロデュースはここ数作に続きジャン・“スタン”・カイバートとポール・ウェラー。

 

 

なお、日本盤の発売も海外リリース日と同じ6月12日に決定。日本盤のみSHM-CD仕様で、海外デラックス盤用のボーナス・トラック5曲に加えて、日本盤のみのボーナス・トラック1曲が追加収録されます。

 

■Disc info

 

ポール・ウェラー
『オン・サンセット』
ユニバーサル インターナショナル
6.12 on Sale

 

収録曲:
01. Mirror Ball  ミラーボール
02. Baptiste  バプティスト
03. Old Father Tyme  オールド・ファーザー・タイム
04. Village  ヴィレッジ
05. More  モア
06. On Sunset  オン・サンセット
07. Equanimity  イークワニミティ
08. Walkin’  ウォーキン
09. Earth Beat  アース・ビート
10. Rockets  ロケッツ
11. 4th Dimension  4th ディメンション ※海外デラックス盤に収録のボーナス・トラック
12. Ploughman  プロウマン※海外デラックス盤に収録のボーナス・トラック
13. I’ll think of Something  アイル・シンク・オブ・サムシング※海外デラックス盤に収録のボーナス・トラック
14. On Sunset (Orchestral mix)  オン・サンセット(オーケストラル・ミックス)※海外デラックス盤に収録のボーナス・トラック
15. Baptiste (Instrumental Version)  バプティスト(インストゥルメンタル・ヴァージョン)※海外デラックス盤に収録のボーナス・トラック
16. Failed  フェイルド ※日本盤ボーナス・トラック

 

■Link
https://www.universal-music.co.jp/paul-weller/

Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US