ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団が34年ぶりに来日

Music 2020.11.24 Text by 編集部

2021年で40回目を数える「東芝グランドコンサート」がグラスゴーを本拠地とするスコットランドの名門オーケストラ、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団と、同楽団音楽監督で次代の巨匠として注目されるデンマーク出身の実力派指揮者トマス・セナゴーを招聘します。

Sponsered Link


Sponsered Link

ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団は1891年に設立。130年の歴史で22名もの歴代有数の首席指揮者と共にその時代の響きを築きあげ、欧州や世界各地から高い評価を得てきました。2018年の就任まで6年に渡り同楽団首席客演指揮者も務め、楽団の持ち味を知りつくした音楽監督セナゴーの日本ツアーは、その力を存分に発揮されることが期待されます。

 

またソリストには、フランスを拠点に欧米の主要オーケストラや指揮者との共演を重ね、圧倒的な実力で国際的スターダムを昇り続けるヴァイオリニスト竹澤恭子と、クラシック、ジャズの双方において世界の音楽シーンを牽引し、その比類のない演奏で常に観客を魅了し続けるピアニスト小曽根 真が登場します。

 

東芝グランドコンサート2021 トマス・セナゴー指揮 ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団

 

スコットランド名門オーケストラ、次代の巨匠、日本の誇るソリストらによる熱演と上質な時を楽しめそうです。

 

■Concert info
東芝グランドコンサート2021
2月23日(火・祝)東京・サントリーホール 14:00開演 <プログラムA>
2月24日(水)仙台・東京エレクトロンホール宮城 (宮城県民会館) 19:00開演 <プログラムB>
2月25日(木)名古屋・愛知県芸術劇場コンサートホール 18:45開演 <プログラムA>
2月26日(金)広島・広島国際会議場フェニックスホール 19:00開演 <プログラムA>
2月28日(日)兵庫・兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 15:00開演 <プログラムA>
3月1日(月)福岡・福岡シンフォニーホール 19:00開演 <プログラムA>
3月4日(木)金沢・石川県立音楽堂コンサートホール 19:00開演 <プログラムB>
3月5日(金) 川崎・ミューザ川崎シンフォニーホール 19:00開演 <プログラムB>

 

出演
管弦楽 : ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団
指揮: トマス・セナゴー
ソリスト: 竹澤恭子(ヴァイオリン)<プログラムA>、小曽根 真(ピアノ)<プログラムB>

 

 

■Link

http://www.t-gc.jp/


Sponsered Link

Tags :

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US