「ピーターラビット™ イングリッシュガーデン」が2022年春オープン!

Travel 2021.04.15 Text by

™」の世界観が楽しめる「ピーターラビット™ イングリッシュガーデン」が2022 年春、富士本栖湖リゾートにオープンします。

Sponsered Link

Sponsered Link

世界中で愛されている『ピーターラビットのおはなし』(原題:The Tale of Peter Rabbit、著者ビアトリクス・ポター™)。英国の湖水地方の農園を舞台にくりひろげられる物語で、1901年に250部を自費出版。翌1902年10月にはすべての絵に色を付け、フレデリック・ウォーン社から刊行されました。

 

2年足らずの間に5万部を超えるベストセラーとなり、多くのキャラクターが登場する絵本シリーズに。現在この絵本シリーズは、世界110か国35か国語で発行され、累計発行部数2億5,000万部以上の世界的ベストセラーとなっています。2022年は絵本出版から120周年を迎えます。

 

「ピーターラビット™ イングリッシュガーデン」イメージ画像

 

2022年春にオープン予定の「ピーターラビット™ イングリッシュガーデン」は、富士山の春の風物詩としておなじみの「富士芝桜まつり」の会場である富士本栖湖リゾート内に誕生する首都圏最大級の英国式庭園です。

 

庭園内では、英国の湖水地方の農園を舞台にした世界中で愛される物語『ピーターラビットのおはなし』絵本シリーズの世界観を再現したスポットで写真撮影を楽しめるほか、作品に登場する様々なアイテムをモチーフにしたメニューが味わえるカフェ、ピーターをはじめたくさんのキャラクターたちに出会えるミュージアム、ここでしか買えないオリジナル商品が揃うショップなど、ピーターラビット™の世界観が存分に広がります。

 

なお、イングリッシュガーデンのデザイン監修は英国人ガーデンデザイナーのマーク・チャップマンが手がけています。

 

■Info
ピーターラビット™ イングリッシュガーデン

 

所在地 : 山梨県南都留郡富士河口湖町本栖212(富士本栖湖リゾート)
内容 :
・イングリッシュガーデン、センターハウス(ショップ、ミュージアム、トイレほか)、カフェ
面積 : 約4,600㎡
開業 : 2022年4月(予定)
アクセス : 中央自動車道・河口湖ICより約25分、東名高速道路・富士ICより約50分

 

■Link

http://www.peterrabbit-japan.com/

 

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

Sponsered Link

  • facebook
  • instagram
  • twitter

Follow US